2022.04.27

「美女ボクサー」という紹介に「色モノにはなりたくない」。日本王者・鈴木なな子が語るタイトル戦とプロを選んだ理由

  • 篠崎貴浩●取材・文 text by Shinozaki Takahiro
  • 田中亘●撮影photo by Tanaka Wataru

女子格闘家ファイル(3)

鈴木なな子インタビュー 前編

(連載2:「オンナ堀口恭司」渡辺華奈、アメリカで頂点を獲るためにやるべきこと>>)

 東武東上線・東武練馬駅の線路沿い、ガラス張りのすっきりとオシャレな3階建ての建物が三迫ボクシングジムだ。吹き抜けで明るい2階のフロアに、数名の男子ボクサーとトレーナー、鈴木なな子の姿があった。挨拶をかわすと、鈴木は窓際に座ってシューズの紐を結び始めた。

 鈴木がボクシング女子日本ミニマム級王座を獲得したのは、立教大学4年時の2021年12月。この春に大学を卒業したが、就職はせずにプロボクサーとして社会へ踏み出した。そんな鈴木に、日本チャンピオンになった試合とその後、自分につけられる肩書などについて聞いた。

女子プロボクサーの鈴木なな子女子プロボクサーの鈴木なな子 この記事に関連する写真を見る ***

――鈴木選手はこの春、立教大学を卒業しましたが、コロナ禍で卒業旅行などは難しかったですか?

「そうですね、海外に行きたかったんですが難しかったので、1回も行ったことがない長崎がいいかなとは思ったんですが、それも、"まん防"の措置が取られたのでやめました。長崎は平和公園など、見てみたかった文化財がたくさんあるので、いつか行けたらと思います」

――卒業後はボクシング一本。就職は考えませんでしたか?

「まったく考えなかったですね。大学に入ってからずっとボクシングをやってきましたけど、卒業後もそのままやっていくことが『当たり前』のような感じになっていたので。悩むことはなかったです」

――大学4年間で目標だったベルトを獲得しましたが、チャンピオンになって心境の変化はありますか?

「達成感はあります。目標を達成できたことによってちょっと自信がつきましたし、『もっと上に行きたい』と強く思うようになりました」

――昨年12月の女子日本ミニマム級王座決定戦(同級2位の鈴木は、同級1位の瀬川紗代に2-1の判定勝ち)は競った試合でしたが、自身の動きはどうでしたか?

「自分でも『ちょっと硬いな』と感じていました。あとで映像を見たんですが、緊張しているのが表情に出ていて。ビックリするほどでしたね(笑)。それまでの試合も緊張はしましたけど、あの試合は特別でした」