2022.02.01

プロ11戦無敗から35秒TKO負け。渡辺華奈が語る、アメリカで頂点を獲るために今やるべきこと

  • 篠崎貴浩●取材・文 text by Shinozaki Takahiro
  • 撮影●田中亘 photo by Tanaka Wataru

女子格闘家ファイル(2)

渡辺華奈 インタビュー 前編

(ファイル1:ぱんちゃん璃奈 「色物扱い」から12連勝>>)

 負けから始まる女王への道。2021年の大晦日、総合格闘家の渡辺華奈は自身のTwitterでこう呟いた。

「今年は負けてしまい、多くの方を失望させてしまいました。悔しさを忘れずに、2022年はもっと努力して這い上がります。」

 2021年6月26日(日本時間)に米コネチカット州で行なわれた「Bellator(ベラトール) 261」で、女子フライ級(‐56.7kg)ランキング2位のリズ・カモーシェと対戦した渡辺は、試合開始直後からパンチの連打を浴び、35秒で無念のTKO負けを喫した。

 日本トップレベルの柔道家から、総合格闘技に転向して12戦目での初黒星。あれから約半年。渡辺が敗北の反省と、そこから得たものを語った。

アメリカの格闘技団体ベラトールで頂点を目指す渡辺華奈アメリカの格闘技団体ベラトールで頂点を目指す渡辺華奈 この記事に関連する写真を見る ***

――まずは2021年を振り返りたいと思います。まずは4月、米格闘技団体のBellatorデビュー戦(アレハンドラ・ララに判定2-1で勝利)は海外での初の総合格闘技の試合でもありました。コンディションはいかがでしたか?

「けっこう私は図太いというか、何も気にしないタイプなので、気負いや疲れはなかったです。柔道をやっていた時代にも、海外での試合は経験していましたから。試合5日前くらいに現地入りしたんですが、減量や食事の時間などのスケジュールで時差の影響は少し感じましたね」

――減量はどうでしたか?

「6キロくらい落とすので、毎回けっこうしんどいです。アメリカは湯船がないですから、『あれば簡単に落ちるのになぁ』と思っていました。アップスペースがメチャクチャ寒くて汗をかきにくく、日本での"水抜き"よりキツくてヒーヒー言ってました(笑)。次回からは、もうちょっと日本で落としていこうと思いました」

――アメリカでの練習環境について教えてください。

「ひとりずつ仕切られたアップスペースが設けられていて、そんな広くはないけど、『自由に使っていいよ』って感じでした。あとは、エアロバイクとランニングマシーンが置いてあって、ポータブルサウナっていうひとり用サウナもありました。てるてる坊主みたいに顔だけ出すやつです(笑)。

 コロナ禍で、到着した日と次の日はまったく部屋から出られない状況でしたね。その後も毎日PCR検査をして、練習場には行けるんですけど、それ以外ではあまり部屋を出ない。アップスペースと練習場はホテルの中にあるので、そこの移動はラクでしたけど」