2022.03.18

皇治が因縁の梅野源治とRIZINで再戦。ヒジ有りルール要求には「身の程をわきまえろ」

  • 篠崎貴浩●取材・文 text by Shinozaki Takahiro
  • 村上庄吾●撮影 photo by Murakami Shogo

皇治インタビュー

 年明けの冬眠宣言から約3カ月。RIZINの榊原信行CEOのラブコールに応え、皇治(TEAM ONE)がリングに戻る。舞台は、今年初のRIZINナンバーシリーズ『RIZIN.34』3月20日/丸善インテックアリーナ大阪)。地元・大阪で、昨年6月のRIZIN KICK ワンナイトトーナメント1回戦でバッティングによりノーコンテストとなった梅野源治(PHOENIX)と、再びキックボクシングルールで対戦する。物議を醸した一戦を清算へ。皇治が胸の内を語った。

RIZIN.34で梅野源治と再戦する皇治RIZIN.34で梅野源治と再戦する皇治 この記事に関連する写真を見る ***

【「本当に、謙虚な気持ちでいます」】

――今回は、冬眠中に無理やり起こされた感じですか?

「ホント、もうちょっと冬眠するつもりだったので、5回くらい断ったのに無理やり起こされて。榊原さんは『いつまで寝てるの』って言ってましたけど、俺はRIZINのナンバーシリーズに3大会連続で出ることになるんです。だから、誰よりも冬眠してないと思うんですよ。それで休もうかなと思ってたんですが、やっぱり熱意に押されてね」

――榊原CEOが『TRIGGER』(2月23日)の際に、皇治選手に参戦を呼びかけていましたね。

「いきなり『RIZINのために男気を見せてほしい』と。あそこまで言われて、今まで"漢"のあり方を語ってきた俺が出なかったらカッコ悪いと思いましたし、何より格闘技愛と"RIZIN愛"があるので。『ここでひと肌脱がないと漢じゃない』と思いました」

――昨年6月以来の地元・大阪での大会になります。

「でも今回は、『オープニングファイトでいいくらいだな』と思っていたんです(実際はメイン前の15試合目)。格闘技はなんだかんだで結果が一番。その点で俺は、結果が残せてませんから。昨年の大阪大会では、自分からお願いしてキックのトーナメントを作ってもらったのに、ぶち壊してしまったし(1回戦の梅野戦はバッティングでノーコンテスト。負傷の梅野に代わって出場した決勝は判定負け)。だから本当に、謙虚な気持ちでいます」

――冬眠を宣言して以降、練習はしていたんですか?

「マジで、フィットネス感覚でやってました。あと、運転免許を持ってなかったんで教習所に行って、隣におっさんの教官を乗せてましたよ。今までは時計を買ったり、豪遊したりする姿を見せてましたけど、今度はスーパーカーでも買っちゃおうかなって思って。今はまだ仮免許なんですよ」

――これからという時に、出場を打診されたんですね。

「そうです。なんで仮免で大阪大会に出なあかんのかと(笑)。授業もみっちり入れてたのに、試合が決まったらそんな場合じゃないじゃないですか。試合が決まったのも20日前でしたから、急ピッチで練習を再開しました」