2022.04.01

朝倉未来が「日本でこれだけ注目される大会はない」と豪語するBreakingDown。今後は女性の試合、海外大会も視野に

  • 篠崎貴浩●撮影・文 text & photo by Shinozaki Takahiro

 前回大会から約4カ月。3月21日に都内某所で行なわれた「SHARE JEWEL presents BreakingDown 4」は、過去3大会をはるかに凌駕する盛り上がりを見せた。これまでも視聴者の声を積極的に取り入れてバージョンアップしてきたが、今大会は大幅にレベルアップ。何より、選手のキャラクターやストーリーが明確になった。

 その役割を果たしたのは、オーディションの様子を収めた3本のYouTube動画(朝倉未来YouTubeチャンネルで公開中)だろう。"イキった"参加者同士が取っ組み合い、用意されたケージで対戦するという怒涛の展開で、総再生回数は大会前に1000万回を超えた。

 新たなステージへと突入した「BreakingDown」。大会のアドバイザーを務め、大会当日は解説も務めた朝倉未来に、今大会の総括と今後の展望を聞いた。

(「BreakingDown4」全試合フォトギャラリー>>)

(左から)BreakingDown代表のYUGO、アドバイザーの朝倉未来、朝倉海(左から)BreakingDown代表のYUGO、アドバイザーの朝倉未来、朝倉海 この記事に関連する写真を見る ***

【BreakingDown 4での主な変更点】
*事前オーディションを実施し、その様子をYouTubeで配信
*大会当日、計量を生配信
*煽りVTRの導入
*膠着を避けるため、キックルールの試合数を増加
*初の有観客での実施
*ゲスト解説(第5代RISEライト級王者・白鳥大珠、 "論破王"ひろゆき など)

大会の格が上がった

――前回大会後、朝倉さんが「改善したい」と話していたことがすべて反映された大会だったと思います。

「そうですね。明らかに第3回大会と比べて格が上がったと思います。PPV販売数(過去最多)やYouTubeの再生回数を見ても、この大会を楽しんでくれた人が多いと思うし、BreakingDownの未来に期待する人も増えたんじゃないかと。ただ、今回初めての試みもあって修正点も多かったので、次回はもっといい大会にしたいですね」

――具体的な修正点とは?

「例えば、公開計量の配信の時に画質が悪かったり、選手が乗る体重計が見にくかったり。あと、大会の雰囲気を知ってもらうために、当日の第1、第2試合くらいまでをYouTubeで、無料で中継してもいいのかなと思いました」

――試合をYouTubeチャンネルで見せるという点でいうと、今回のオーディションでは、参加者同士が急遽ケージで戦う展開もありました。

「勝敗も加味しますけど、それだけが本戦に出られる基準ではありません。あくまで"試合が見たい人かどうか"ということが大事です」

――以前は「もっと選手のバックボーンや人生を見せたい」と話していましたが、『朝倉未来にストリートファイトで勝ったら1000万円』(ABEMA)の出場者など、初めてBreakingDownに参加する人たちのオーディションの様子を公開するなどして、彼らのバックボーンをうまく見せた印象でした。

「物語を点と点で終わらせずに、線としてつなげていくことが大事だと思っていて、それができた感じです。出場した選手たちについては、後日談や後追いが自然発生的に出てくると思います。今、日本でこれだけ注目される大会はないし、たった1分で人生を変えられる場は少ないはず。次回大会は、もっと多くの人が応募してくると思います。僕らは大会をどんどん修正してよりバージョンアップして、待つだけですね」