2022.01.03

オカダ・カズチカが1・4東京ドームで逆襲宣言。王者・鷹木信悟より「今は僕のほうが全然強い」

  • 篠崎貴浩●取材・文 text by Shinozaki Takahiro
  • 撮影●田中亘 photo by Tanaka Wataru

「レインメーカー」オカダ・カズチカ インタビュー

「中心は俺でしょって思ってますし、やっぱり、俺がいないと新日プロレスじゃないでしょって思っている部分もある」

"背負える男"が、ど真ん中に帰ってきた。

1・4東京ドームで王者・鷹木信悟とメインイベントを戦うオカダ1・4東京ドームで王者・鷹木信悟とメインイベントを戦うオカダ この記事に関連する写真を見る  リングに金の雨を降らせる"レインメーカー"オカダ・カズチカ。新日本プロレスのIWGPヘビー級王者として、2016年6月から12回連続で防衛。通算ベルト保持期間は史上最長の720日を誇る。

 しかし2020年1月5日、内藤哲也との2冠戦に敗れて王座から陥落して以降は、約2年間は無冠のまま。ドラマやバラエティー出演、書籍の発売といったリング外での活躍に反比例して、オカダはリングの中心から離れてしまうのか......。

 そう感じたファンもいるだろうが、すべては杞憂にすぎなかった。新日本プロレスが創立50周年を迎える2022年を前に「G1 CLIMAX」を制覇し、復活の狼煙を上げた。

 オカダは昨年末、自身の書籍『「リング」に立つための基本作法』(幻冬舎)の発売イベントでインタビューに応じ、激動の2021年を次のように振り返った。

「本当にいろんなことがあった1年でしたね。1・4東京ドームで(ウィル・)オスプレイに勝って、大阪城ホールのメインではEVILに勝った。5月にはコロナに感染して、6月のIWGP世界ヘビー級王座決定戦で鷹木さんに敗けて、秋のG1で優勝した。本当に山あり谷ありの1年だったなと思います」

 昨年は新日本プロレスにとっても大きな変革があった。IWGPヘビー級王座とIWGPインターコンチネンタル王座が統一され、「IWGP世界ヘビー級王座」に。その新王者になったのは、3月4日にエル・デスペラードに勝利した飯伏幸太だった。

 その後、ベルトはオスプレイに渡ったがケガのために返上。6月7日、オカダは鷹木信悟と第3代王座決定戦を戦うも敗れた。王者となった鷹木はその後、棚橋弘至、EVIL、ザック・セイバーJr.を相手に3度の防衛を果たしている。