2021.11.21

「何もしないで勝つ」。柔道・高藤直寿は金メダルのために自らのスタイルを変えた

  • 佐藤俊●文 text by Sato Shun
  • photo by JMPA

柔道・高藤直寿は従来のスタイルを変えて東京五輪で金メダルを獲得した柔道・高藤直寿は従来のスタイルを変えて東京五輪で金メダルを獲得した この記事に関連する写真を見る  東京五輪で柔道の先陣をきって登場し、男子60キロ級で金メダルを獲得した高藤直寿。

 リオ五輪で銅メダルの悔しさをぶつけた勝利は、あとに続く日本柔道陣に勢いをつけ、東京五輪を盛り上げる導火線にもなった。あれから数か月、スーツ姿の高藤は一回り大きくなったように見える。

「体が太ってしまって、この数か月で脂肪をつけてしまいました(笑)」

 東京五輪の時は、60キロだったが、その後、休養をしながらメディアの露出や自分の時間を大切にするなかで9キロほど体重が増えた。

「もう、そろそろ体を戻したいなって思っています(苦笑)」

 そう言いながらもその表情はとても充実しているように見えた。

「リオ五輪の時は金メダルを獲ると言って獲れずに終わって、ただの嘘つきとして5年間生きてきたので、今回、有言実行で獲れてよかったです」

 そう笑顔を見せるが、東京五輪では、過去の高藤とはまったく異なる柔道のスタイルで勝ち上がり、金メダルを獲得した。一般的に柔道の選手は自分の得意技で勝負し、一本勝ちにこだわる傾向が強い。高藤も、以前はそのイメージが強く、実際に投げて勝ち、多彩な技を持つことから「天才」とも呼ばれた。だが、東京五輪では、そのスタイルを封印した。