2021.07.12

「最強のタッグ」ベスト3を伝説のレスラー谷津嘉章が語る。鶴龍コンビの順位は?

  • 井木 康文 ●取材・文 text by Iki Yasufumi
  • photo by DDTプロレスリング/アフロ

 2021年7月4日、DDT後楽園ホール大会にてKO-D8人タッグ王者となった谷津嘉章。約28年ぶりのベルト戴冠となった。

 谷津は、1981年6月24日の蔵前国技館にて、アントニオ猪木とタッグを組みスタン・ハンセン&アブドーラ・ザ・ブッチャーを相手に国内でのデビューを果たしてから、様々な団体でタッグプレーヤーとして活躍。長州力やジャンボ鶴田のタッグパートナーとしてのイメージが強い往年のファンも多いであろう。

 今回は、64歳にして現役のタッグベルト王者となった谷津が、過去の記憶を紐解きながら『手強かったタッグチームベスト3』を語る。

谷津は64歳にして現役のベルト保持者となった(左から)中村圭吾、大和ヒロシ、谷津嘉章、彰人谷津は64歳にして現役のベルト保持者となった(左から)中村圭吾、大和ヒロシ、谷津嘉章、彰人 この記事に関連する写真を見る

 前回の取材(5月24日配信記事)で最強のシングルプレーヤーベスト3について「"特に手強かったレスラーベスト3"という形はどうでしょうか」という形で語り始めた谷津。今回の最強タッグに関しては「タッグは言わばボケとツッコミの関係。2人とも目立ちすぎたり、長所が重なったりすると魅力が引き出せないんです。今回はそういう観点からもバランスがすばらしい最強タッグベスト3を挙げてみます」と記憶をさかのぼり始めた。