2021.07.06

柔道・阿部詩「兄妹同日で金メダル」への思い。「モチベーションが下がることはなかった」

  • スポルティーバ●取材・文 text by Sportiva
  • 布川航太●撮影 photo by Nunokawa Kota

東京五輪の柔道女子52キロ級で金メダルを狙う阿部詩選手東京五輪の柔道女子52キロ級で金メダルを狙う阿部詩選手
―― オリンピックまで残すところあとわずかになりました。

「今年に入ってから、月日の流れがびっくりするくらい早く感じます(笑)。あっという間に残り1カ月。オリンピックに向けてコンディションを最高潮に高めています」

―― 3月に開催された柔道グランドスラム(GS)・タシケント大会で優勝。ただ、試合後のコメントでは「相手にビビってしまった」というコメントを残していました。

「3月のグランドスラムは私にとって約1年ぶりの実戦でした。オリンピックを見据えて、『高い緊張感のなかでどれだけ自分の柔道ができるか』というテーマを掲げて臨んだ大会だったのですが、正直体が思うように動かない部分があった。試合内容がしっくりこなかったんです」

―― 全試合一本勝ち(決勝は不戦勝)と、順調な仕上がりに見えたのですが、阿部選手本人としてはイマイチな試合だったと。

「そうですね。動きが硬かったのもありますが、相手選手が私の柔道を研究してきているなと感じました。なので、同大会を経て、五輪までの残りの期間は、相手選手の研究を乗り越えるための準備期間と考えました。具体的には、『一本を狙う』という自分の柔道は軸に持ちつつ、戦い方のパターンを増やしていければと。実際、5月のグランドスラム・カザン大会ではこの時の経験を生かすことができたかな、と思います」

―― 昨年11月、コロナ禍で実戦から離れるなか、日体大の入学歓迎式でパブロ・ピカソの言葉「できると思えばできる、できないと思えばできない。これは、ゆるぎない絶対的な法則である」を引用した阿部選手のスピーチが話題を呼びました。

「昨年、目標にしていた金メダル(を獲る機会)がなくなりましたが、それでも自分がその目標を諦めていないことを伝えられればと思って。私自身、これまでの競技人生で、強い気持ちがあれば目標は絶対に達成できる、ということを実感しています。たとえコロナ禍の影響があっても、五輪が延期になっても、金メダルを獲るという目標は達成できると信じてますから」