2021.07.01

ほぼノーギャラ、他選手から嫉妬…。キューティー鈴木「好きで芸能の仕事をしてたんじゃない」

  • 堀江ガンツ●取材・文 text by Horie Gantz
  • photo by Shogo Murakami

 80年代末から90年代にかけてアイドル顔負けのルックスで、それまでの女子プロレスラーのイメージを大きく変えたキューティー鈴木。前編では、デビュー秘話とジャパン女子プロレス時代を振り返ってもらった。後編では芸能界との両立、そしてJWP時代を中心に思い出を語る。

前編はこちら>>

今年はデビューしてから35周年となるキューティー鈴木今年はデビューしてから35周年となるキューティー鈴木 この記事に関連する写真を見る
ーー旗揚げ1年で「つぶれる」と言われ始めたジャパン女子プロレスを救ったのが、キューティーさんのアイドルレスラーとしてのブレイクだと思います。一般誌やテレビで数多く取り上げられるようになったきっかけは、何かあったんですか?

「デビュー3年目くらいに、フィリピンのエルニドで初めてプロモーションビデオを撮ったんですよ。その宣伝の写真をいろんな媒体に載せてもらったのがきっかけで、芸能の仕事が増えたって聞きました。その後、『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』に出させてもらって、そのあたりから急に忙しくなりましたね」

――当時、男性向けの週刊誌にキューティーさんが試合中に悶絶している写真がよく載っていましたよね?(笑)。

「最初の頃はそれがすごく嫌だったんですよ。でも、だんだん開き直って『それでもいっか』ぐらいになっていきましたね。やっぱり、お客さんがまったく入ってなかった頃を経験してきたので、きっかけはどうあれ、ジャパン女子プロレスに興味を持ってくれたらそれでいいって」