2021.07.20

魔裟斗が分析する武尊と那須川天心。熱望される直接対決で「勝敗を分けるカギは…」

  • 栗田シメイ●文 text by Kurita Shimei

魔裟斗インタビュー 前編
武尊と那須川天心、未来のK-1について

 2000年代の格闘技ブームの中心にいた魔裟斗。日本人初のK-1世界チャンピオンは引退後も格闘技界に強い影響力を持っており、武尊や朝倉未来など新世代の人気格闘家たちも、その功績と実績に対して尊敬の念を口にする。

 魔裟斗は2009年の大晦日に行なった、宿敵アンディ・サワーとの試合を最後に第一線から退いた。だが、今回の取材場所に現れた魔裟斗の体型は現役時代とほとんど変わらず、醸し出す雰囲気も当時の鋭さを内包したままだった。

"反逆のカリスマ"のインタビュー前編は、格闘技ファンが対戦を熱望する武尊と那須川天心の選手としての特徴、現在の格闘技界についての見解をお届けする。

対戦が熱望される那須川天心(左)と武尊(右) photo by Nikkan Sports/AFLO Tokyo Sports/AFLO対戦が熱望される那須川天心(左)と武尊(右) photo by Nikkan Sports/AFLO Tokyo Sports/AFLO この記事に関連する写真を見る ***

――まずは、日本中の格闘技ファンが対戦を期待している、武尊選手、那須川天心選手についてお聞きします。2人の選手としての特徴をどう捉えていますか?

「天心はとにかくスピードとキレがすばらしい選手。ただ速いだけでなく、自分が狙った攻撃を、パンチでもキックでも関係なく的確に当てられる。"打たせずに打つ"スピードも文句もしに一級品ですが、攻撃の組み立ても非常に高いレベルにあります」

―― 一方の武尊選手はいかがでしょうか。

「天心とは対照的に、武尊はパワーと圧力が強みの選手です。前に出る圧力は、世界ナンバーワンだと思います。ただ、単なるパワー系の選手ではなく、相手に打たせない技術もある。武尊が試合で顔を腫らしたり、ダウンするシーンはほとんど見たことがないですよね。激しい打ち合いをしているように見えて、実は自分だけ打たれていない、というパターンが多くなっています。ひと言で言うなら、"総合力が高いオールラウンダー"でしょう」