2021.07.20

魔裟斗が振り返るKIDとの伝説の一戦。予想外のダウンにやっぱり「KIDは持っている」

  • 栗田シメイ●文 text by Kurita Shimei

魔裟斗インタビュー 中編 前編から読む>>
伝説に残るKID戦、歴戦のライバルたちの記憶

 武尊と那須川天心のドリームマッチ実現が期待される中、「K-1 PREMIUM 2004 Dynamite!!」で行なわれた、K-1史上に残る魔裟斗vs山本"KID"徳郁を思い出すファンも多いだろう。

 前年に日本人初の世界王者になった魔裟斗と、圧倒的な存在感と強さでスターダムを駆け上がったKIDの一騎打ち。インタビューの中編では、試合が決まった直後から話題を集め、視聴率30%を超えた一戦を魔裟斗本人が振り返る。また、現役時代に戦った猛者たちの中で「もっとも強かった」選手の名も挙げた。

2004年の魔裟斗と山本KID徳郁の試合は日本中を熱狂させた photo by Sankei Visual2004年の魔裟斗と山本KID徳郁の試合は日本中を熱狂させた photo by Sankei Visual この記事に関連する写真を見る ***

――2004年の大晦日、日本中が注目した山本"KID"徳郁戦の前はどんな心境だったんですか?

「KIDはK-1ルールで戦うのが2試合目。すでに世界王者になっていた僕とはキャリアが違うし、階級もKIDが下。当時マスコミに伝えていたように、こちらとしては試合を受けるメリットがなかったわけですけど、それでも受けたのは『負けるわけがない。楽な試合になる』と思っていたからです。世間的には盛り上がっていましたが、僕からするとそこまで特別感はありませんでした」

――立ち技のみで戦う上での、KIDさんの実力をどう見ていましたか?

「当時のKIDは振りが大きいパンチを打っていました。一見、総合格闘技のパンチは速くて危険そうに見えるけど、立ち技を主戦とする選手にはなかなか当たらない。そう思っていました。今年6月のRIZIN.28で、天心が所英男とボクシングルールで戦った時も、同じような感覚で見ていましたよ。純粋に競技が違いますからね」

――実際に、リング上でKID選手と対峙した時の印象は?

「パンチが当たるわけがないと思っていた矢先、1ラウンドにまさかのダウンを喫してしまった。予想以上にKIDの踏み込みが速かったんです。ジャブから速い踏み込みでのワンツーで、僕はそれをバックステップでかわしつつ左のカウンターを合わせようとしたら、もらってしまって。体重が後ろに乗っていて押し倒されるような形でしたから、ダメージはなかったんですけど、KIDのスピードを止めるために『ローキックを中心に攻める必要があるな』と感じました」