2021.07.20

魔裟斗が野村克也から受けた、大人になる教育。「かっこよくいたいだけでは仕事はこない」

  • 栗田シメイ●文 text by Kurita Shimei
  • 村上庄吾●撮影 photo by Murakami Shogo

魔裟斗インタビュー 後編 中編から読む>>
引退後のキャリア形成と現在の活動

 2009年の大晦日のアンディ・サワー戦後に現役を引退した魔裟斗は、解説者をはじめ、さまざまなメディアで活躍を続けている。今年3月からはYouTubeチャンネルを始め、現役時代の話や、格闘技という枠を越えたさまざまな選手や識者との"コラボ"で情報を発信している。

 インタビューの後編では、YouTubeチャンネルでも共演した朝倉兄弟の印象、引退後のキャリアに大きな影響を受けた故・野村克也さんとのやりとりなどを明かした。

現在はYouTubeチャンネルなど幅広く活躍する魔裟斗 現在はYouTubeチャンネルなど幅広く活躍する魔裟斗  この記事に関連する写真を見る ***

――今年の3月に『魔裟斗チャンネル』と武蔵選手との『ムサマサ!』を開設するなど、YouTubeでの活動を始めましたが、どんなきっかけがあったんですか?

「武蔵さんとは、コロナ禍になる前は年に何回か食事をしていて、昨年の3月くらいに『(YouTubeチャンネルを)やってみようか』という話をしたんです。『ムサマサ!』では武蔵さんがよく喋って、僕がそれに対してツッコミを入れる、という形になっていますが、普段の会話とあまり変わらないですね(笑)。

 主にK-1や格闘技のことを話していますが、最近ではネタが尽きてきて......。『魔裟斗チャンネル』のほうも含めて、これからは挑戦系の企画なども考えて、自分も楽しめるものにしていきたいです。今の僕の活動はすべて趣味の延長線上のもの。格闘技の試合の解説、体を鍛えること、YouTubeの活動もそう。好きなことだから自然体で、無理してやっているという感覚がないんです」

――現在の生活のリズムは?

「夜の10時には寝て、朝5時には起きています。仕事の有無によって変わりますけど、朝イチで犬の散歩をして、子供たちを起こして学校に送って。それで10時頃からトレーニングをして、午後は家事をしたり、子供を迎えに行ったりという感じかな。YouTubeチャンネルを始めてからは、前ほど時間はなくなりましたけどね」