2019.12.13

46歳・永田克彦が今もマットに上がる理由
「レスリングに現役も引退もない」

  • 永田遼太郎●文 text by Nagata Ryotaro
  • photo by Nagata Ryotaro

 2000年のシドニー五輪から19年の歳月が流れた。この大会で金メダルを獲得した柔道の野村忠宏、瀧本誠、井上康生、田村亮子、女子マラソンの高橋尚子、さらに銀メダルを獲得した競泳の中村真衣、田嶋寧子など......時を彩ったメダリストたちはすでに現役を引退し、それぞれ第2の人生を歩み始めている。

 しかし、この男は違った。今もなお、現役のアスリートであり続けることにこだわり、さらなる「挑戦」を続けている。

 その男とは、シドニー五輪のレスリング・グレコローマンスタイル銀メダリストの永田克彦だ。

4年ぶりに全日本選手権に出場する永田克彦「レスリングに現役も引退もない」

 そう話す46歳は、顔つき、体つき、気力、体力......そのどれをとっても衰えを見せることがない。

「19年という数字をあらためて思うと、大変な月日が経ったなと思います。だけど、自分のなかではあまり変わっていないというか、思っているほど時間が経った感じがしないんです。20年前の記憶は今も鮮明に残っていますし、その間もいろいろなことがありましたが、自分のなかでは『もうそんなに経ったのか......?』って感じなんです」

 12月19日に開幕する天皇杯レスリング全日本選手権。永田は、10月に行なわれた全国社会人オープン選手権を制し、全日本選手権グレコローマンスタイル72キロ級の出場権を手にした。

 永田が全日本選手権に出場するのは、じつに4年ぶりのことだ。この時も11年ぶりの出場だったのだが、1回戦で湯田敬太にテクニカルフォール勝ち。2回戦では第1シードの近藤雅貴に勝利するなど、圧倒的な強さを見せて、森山泰年が保持していた最年長優勝記録(38歳)を42歳で塗り替えた。

 そして今回、4年ぶりに全日本選手権を目指したのには、いくつかの理由があった。そのひとつが、自身が4年前に達成した大会最年長優勝記録(42歳1カ月)の更新である。

「自分にしかできないチャレンジをしたいと思いました。前回は42歳で優勝して、その記録を塗り替えるチャンスがあるのは、自分だけに与えられた特権だと思ったんです。純粋に、そこにチャレンジしたいと」