2019.09.25

日本レスリングに陰り。王国復活へ
強化が必要も現体制は問題山積だ

  • 宮崎俊哉●取材・文 text by Miyazaki Toshiya
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki

 9月中旬から下旬にかけて、カザフスタンのヌルスルタンにて東京オリンピック予選を兼ねたレスリング世界選手権が行なわれた。今大会では、5位以上の国にオリンピック出場枠が与えられる。

 日本男子はグレコローマンスタイルが1階級、フリースタイルが2階級で出場枠を獲得。リオデジャネイロオリンピック前年の世界選手権ではグレコ、フリーともに出場枠獲得がゼロだった成績と比べると、今回は”微増”と言ったところか。目標と大きくかけ離れてしまったが、最大の収穫はグレコローマンスタイル60キロ級で文田健一郎(ミキハウス)が優勝したことだろう。

日本が苦戦を強いられるなか、文田健一郎が金メダルを獲得 文田の世界選手権優勝は、2017年(59キロ級)に続いて2度目。世界選手権を2度制した日本人のグレコローマンスタイル選手はこれまでおらず、日本人男子選手がオリンピック前年の世界選手権を制覇したのは、モスクワオリンピック前年の1979年以来の快挙だ。

 手足の長さと身体の柔らかさを生かした豪快な反り投げを武器に、文田は2017年の世界選手権を制した。だが、この2年間はグラウンドでの攻守に磨きをかけ、パーテールポジション(※)ルールでも強さを発揮。常に前へと積極的に出て相手からパッシブ(消極的プレーに対するペナルティ)を奪い、ここぞという時に得意の反り投げで勝負するなど、考え抜いた戦術も光った。

※パーテールポジション=消極的なプレーと審判に判断された選手は、罰則としてマットの中央で両手・両ひざをついて四つん這いとなり、もう一方の選手にその背後から攻められる。

「本当にすごい内容で勝ち上がり、決勝もいい形で東京オリンピックにつなげることができた。東京でも必ず金メダルを獲れる」

 松本慎吾・男子グレコローマンスタイル強化委員長も、文田の戦いを絶賛。日本レスリング協会は、今大会でメダルを獲得した選手を東京五輪代表に内定すると決めていたため、文田はレスリング内定第1号となった。金メダル最有力候補をこのタイミングで生み出せたことは、日本レスリング界にとって計り知れない好影響だ。