2016.04.30

内山高志と交わした約束。
僕は「ヒーロー」を信じている

  • 水野光博●取材・文 text by Mizuno Mitsuhiro  photo by AFLO

 4月27日、WBA世界スーパーフェザー級スーパー王者の内山高志が、6年3ヶ月にわたって君臨した王座から陥落した。試合後、彼は、「今はまだ何も考えられない」と語っている。はたして、36歳の元チャンピオンの再起はあるのか――。

内山高志というボクサーはどこまでも強く、どこまでも謙虚だ 内山高志は、嘘をつく。

 それは2015年5月、10度目の防衛戦直前のインタビューだった。仕上がりを聞くと、一点の曇りもない表情で、「万全です。早く試合がしたくてウズウズしています」と内山は断言した。

 試合は2ラウンド2分15秒、内山の右ストレート一閃、対戦相手はキャンバスに沈んだ。まさに圧勝。しかし、この試合、彼はひとつ嘘をついていた。試合から3週間後――、左ひじの遊離軟骨、いわゆる”ネズミ”の除去手術を受ける。以前から左ひじは曲げるだけで痛みを伴い、相手のパンチをガードできる状態ではなかったのだ。つまり、万全とは程遠いギリギリの状態だった。

 後日、「全然、万全じゃなかったんですね」と聞くと、「すみません」と内山は申し訳なさそうに頭をかいた。

 弱みは見せない。言い訳はしない。しかし、誰もが望む結末を必ず用意してくれる。内山高志というボクサーは、現代の”ヒーロー”なのだと、そのときに思った。

 4月27日の敗戦から一夜明け、「今日のところは勘弁してください」というメッセージを関係者に託し、内山は会見を欠席している。

 今、ひとりその部屋で、何を思っているのだろうか?