2015.12.25

「RIZINを食う!」新生K-1を背負う武尊とHIROYAの覚悟

  • 布施鋼治●文 text by Fuse Koji  保高幸子●写真 photo by Hotaka Sachiko

 12月29日、31日の両日に開催される総合格闘技イベント「RIZIN」には、新生K-1を背負うふたりのファイターも登場する。現-55㎏王者の武尊(たける/24歳)と、かつて「魔裟斗二世」の異名をとったHIROYA(23歳)だ。

現K-1-55kg王者、武尊。ルックスとビッグマウスも 相まって、女性ファンにも大人気だ 新生K-1は昨年11月に旗揚げされ、軽中量級を中心とした強豪日本人ファイターの活躍で、これまで開催した6大会はすべて超満員を記録している。武尊(31日出場)とHIROYA(29日出場)は、大晦日の大舞台に「K」の文字を刻むことができるか――。

 2014年大晦日、武尊は同い年の親友とともに山梨県の竜ヶ岳に登った。その山頂から富士山と初日の出が重なる神秘的な景色――ダイヤモンド富士を拝むためだ。

「今まで年末年始に登山なんかしたことはなかったけど、2015年を勝負の年にしたかったのでトライしてみました。ちゃんとした山の装備をして行かなかったので凍傷になりかけたけど、本当に登ってよかった」

 それからずっと、自ら撮ったダイヤモンド富士の写真を携帯の待ち受け画面に設定している。眺めているだけで力が湧き出てくる不思議。今年4月19日には K-1-55㎏初代王座決定トーナメントで優勝し、11月21日にはフランスの強豪チャールズ・ボンジョバーニを迎え逆転KOで王座初防衛に成功した。

「ダイヤモンド富士を見たおかげで、今年1年勝ち続けることができたような気がする」

 しかし、それだけ活躍してもまだ暴れ足りないというのが本音だった。だからこそRIZINから試合のオファーをもらったとき、武尊は「やっと来たか」と身を乗り出した。参戦の理由はもうひとつある。年末の格闘技イベントには少年時代の夢が詰まっていたのだ。