石川祐希が初の「4強入り」を果たしたシーズンを総括 戦いきるタフさを課題に挙げるも「もっと先に行きたい、行ける」

  • 柄谷雅紀●取材・文 text by karaya masaki
  • Photo by PA Images/アフロ

【来季は絶対にファイナルへ】

――来年も、このメンバーで戦いたいという思いが湧くことはありますか?

「それはないです。この世界では、メンバーが変わるのが当たり前のことなので。また来季に集ったメンバーで、新しい目標に向かっていければと考えています。僕はもちろん上のチームに行きたい気持ちも持っていますけど、ミラノで4強に入りましたし、その先を目指せる自信もあります」

――今までのイタリアでのシーズンで、最もエキサイティングだったんじゃないでしょうか。

「間違いないです。こういう試合を何回も何回も経験していくことで強くなると感じました。このイタリアの地でベスト4に入って試合をすることは、なかなか味わえない経験です。そういう経験が僕を成長させてくれますし、成長のスピードも早くなると思うので、『やはりここは世界でトップのリーグだな』と実感しました」

――シーズンが終わったばかりですが、来季に向けての決意を聞かせて下さい。

「来季はリーグとコッパ・イタリアとCEVカップ(欧州チャンピオンズリーグに次ぐレベルのチームが揃う大会)があります。シーズンを戦う上でカギになるのは、今回で課題となったタフさ。タフさがなければ来季は勝てないと思っているので、そこに取り組んでいきたいです。

 CEVカップは絶対に優勝したい。コッパ・イタリアとリーグは今季、準決勝で負けたので、来季は絶対にファイナルに行きたいですね。そして優勝することを目標にして戦っていきたいです」

(vvol.5 今の日本代表に必要な「チーム力」 10代の新戦力には「先輩に助けてもらえると思うな」>>)

【プロフィール】

◆石川祐希(いしかわ・ゆうき)

1995年12月11日生まれ、愛知県出身。イタリア・セリエAのミラノ所属。星城高校時代に2年連続で三冠(インターハイ・国体・春高バレー)を達成。2014年、中央大学1年時に日本代表に選出され、同年9月に代表デビューを飾った。大学在学中から短期派遣でセリエAでもプレーし、卒業後の2018-2019シーズンからプロ選手として同リーグで活躍。2021年には日本代表のキャプテンとして東京五輪に出場。29年ぶりの決勝トーナメント出場を果たした。

公式Twitter:@yuki14_official>>

3 / 3

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る