2022.01.22

男子バレー左の新エースはルーキー宮浦健人。ユース代表で控えだった西田有志の活躍に「僕も負けない」

  • 中西美雁●取材・文 text by Nakanishi Mikari

 男子バレーボール日本代表の新戦力として期待される、ジェイテクトSTINGSのルーキー宮浦健人。1月21日時点で、Vリーグの総得点ランキングは日本人1位(全体で5位)の348得点と、1年目からチームをけん引している。

 アンダーカテゴリーから将来を嘱望されていた身長190cmのサウスポーは、ユースの主将としてアジア選手権優勝、世界選手権で3位という輝かしい実績を誇る。同時期のユースの一学年下には、東京五輪に出場した日本代表のオポジット・西田有志がいたものの、宮浦の存在があったためコートに立つことができなかった。

 高校卒業後は早稲田大学でインカレ4連覇を成し遂げ、ジェイテクトに入団。東京五輪後にイタリアリーグ1部に移籍した西田に代わってチームの主砲を務めている宮浦に、これまでのバレー人生と今後の目標を聞いた。

Vリーグ1年目から総得点ランキングで日本人トップのジェイテクト・宮浦 Photo by Kurobane ShiroVリーグ1年目から総得点ランキングで日本人トップのジェイテクト・宮浦 Photo by Kurobane Shiro この記事に関連する写真を見る  熊本県に生まれた宮浦は、両親や兄がバレーをやっていたことがきっかけで、8歳で競技を始めたという。そこからめきめきと成長し、高校バレー界の強豪・鎮西高校では「点取り屋」として全国に名を轟かせた。

「高校の3年間で、すごく成長できたと感じています。点を決めるためにどうしたらいいかを考えた、というか考えさせられました。自主的にやる姿勢もこの頃に培われたと思います」

 ユースでは、先述のとおり主将として活躍。控えだった西田について、宮浦は「よく覚えていますよ。当時からすごくパワーがある選手でした。結果としては僕が試合に出ましたが、『自分が優位』という感覚はなかったです」と当時を語る。合宿では話をすることもあったようで、「バレーボールの話はもちろん、競技には関係ない何気ない話もしていましたね」と笑顔で振り返った。