2022.01.26

西田有志がイタリアで感じる「練習は量より質」。石川祐希に頼んだ「買い出し」や直接対決も語った

  • 中西美雁●取材・文 text by Nakanishi Mikari
  • photo by Massimiliano Natale

スーパーエース・西田有志 
がむしゃらバレーボールLIFE  Vol.2(3)

(第2回:「海外だけが正解じゃない」と話す理由>>)

 バレーボール世界最高峰のリーグ、セリエAのヴィボ・ヴァレンティアでプレーする日本代表の西田有志。ケガによる離脱もあったが、1月13日の約2カ月ぶりの実戦でいきなりサービスエースを決めるなどド派手に復帰。12得点を記録して健在ぶりをアピールした。

セリエAのヴィボでチームメイトとハイタッチする西田セリエAのヴィボでチームメイトとハイタッチする西田 この記事に関連する写真を見る  西田は昨夏の東京五輪終了後の9月にイタリアへと出発した。当日の様子を伝えた自身のYou Tubeチャンネルの動画の中では「緊張ばかりであまり楽しくなくなってきた」とコメントしていたが、実際はどうだったのか。

「すべてが初めてだったので、『無事にイタリアに着くのか』というところから心配でした。案の定、ワクチン接種を受けていればPCR検査はいらなかったはずが、いきなりルールが変わって『渡航前に陰性証明書がいる』と言われて。あやうく渡航日が変わるところでしたよ(笑)。いろんなことがあって家族と話す時間もなかったですし、出発の頃には疲れていましたね」

 ようやく乗り込んだ飛行機の中ではコミュニケーションも心配していたようだが、チームが歓迎会を開いてくれ、「アットホームに受け入れてくれて、すごくやりやすかったです」とすぐに溶け込むことができた。ただ、到着から約1週間はインターネットがつながらず、やることがなさすぎて寂しい思いをしていたという。

 その頃、セリエAで7年目のシーズンを送る石川祐希(ミラノ)と話す機会があり、現地の生活に必要な"あるもの"を買ってもらうことになった。

「調味料ですね。イタリアはオリーブオイルと塩とブラックペッパーというのが主で、それでもよかったんですが、やっぱり他の調味料もほしかったので。最初は『服がないから、なんか買ってください』と頼んだんですが、『服はちょっとアレだけど、食べ物系だったらいいよ』という話になり、『じゃあお願いします』と」

 日本代表の主将である石川とのフランクなやりとりを明かした西田だが、買ってもらった調味料を使って作るのは「やっぱりパスタ」で、「栄養にこだわって、とかではなく、自分の食べたいものを作ってます。レストランにも行きますが、パスタはすごく美味しいですよ」と、イタリアでの食事に満足しているようだ。