2022.02.21

元日本代表・齋藤真由美が辿った波乱のバレー人生。大人への不信、引きこもり、事故での大ケガに「まったく先が見えなかった」

  • 中西美雁●取材・文 text by Nakanishi Mikari
  • 松永光希●撮影 photo by Matsunaga Koki

元女子バレー日本代表
齋藤真由美インタビュー 前編

 1980年代後半から1990年代にかけて、女子バレー界の人気をけん引した選手のひとりである齋藤真由美。10代のうちに全日本(日本代表)デビューを果たすなど実力もさることながら、端麗な容姿でも人気を博した。

 しかし、バレーボール人生は波乱に満ち溢れていた。学生時代から続いた"戦い"の歴史を齋藤が振り返る。

現役時代、美人バレーボーラーとしても人気だった齋藤(『バレーボールマガジン』提供)現役時代、美人バレーボーラーとしても人気だった齋藤(『バレーボールマガジン』提供) この記事に関連する写真を見る ***

――バレーを始めたきっかけから教えていただけますか?

「もともとはスポーツにまったく興味ない子どもでした。小4から小6まで、原因はよくわからないんですが、いじめに遭っていたんです。6年生の時にはもう身長が168cmあって他の子より大きく、ちょっと内向的なタイプだったからかもしれませんね。今はすごくおしゃべりですが(笑)。

 物事にもあまり関心がなかったんですが、4つ上の兄が心配してくれて、『みんなで目標を持って協力し合えるスポーツは楽しいよ』と勧められたのがバレーボールだったんです。それで、未経験のまま中学校でバレー部に入りました。しばらくはボール拾いや応援だけでしたが、当時の私には『毎日、自分にやれることがある』ということが新鮮でした」

――最初はプレーする機会がなかったんですね。

「でも1年生の時、大きな大会がある3カ月くらい前に、小学校からバレーをやっていた同学年の子が小指を骨折してしまって。それで周囲が『経験はないけど大きい子がいるじゃないか』となって、ルールやオーバーパスなどを教えてもらって、初めて試合に出たんです。

 その試合は負けてしまったんですけど、私はすごく楽しかったですね。未経験者が入ったから負けたという雰囲気にもなったんですが、そこで指導者の方が『チームで助け合わないといけないのに、みんなで誰かの責任にするのはよくない』と言ってくれたのがうれしかった。そして何より、『自分を表現できる場所がここにあるんだ』というのを知って、どんどん練習するようになっていきました」