2022.02.21

齋藤真由美はバッシングの嵐でも禁断の移籍を決意。「この人にバレー人生をかけたい」と思う名将の言葉があった

  • 中西美雁●取材・文 text by Nakanishi Mikari
  • 松永光希●撮影 photo by Matsunaga Koki

元女子バレー日本代表
齋藤真由美インタビュー 中編

(前編:学生時代の大人への不信感、まさかの事故に「先が見えなかった」>>)

 選手生命に関わる大事故を乗り越えてコートに戻った齋藤真由美は、イトーヨーカドーからダイエー、当時2部だったパイオニアへとプレー環境を変えていった。同業界の企業のチームへの移籍、2部のチームでプレーすることを選んだことに対して批判や反対もあったが、それを決断させたある名将の言葉とは。

波乱のバレーボール人生を振り返った齋藤さん photo by Matsunaga Koki波乱のバレーボール人生を振り返った齋藤さん photo by Matsunaga Koki この記事に関連する写真を見る ***

――約6年半をかけて右肩のケガや交通事故を乗り越え、1996年にコートに復帰した時のことを覚えていますか?

「ようやくプレーができるようになった時、私はもう26歳。当時は20代前半で引退する選手も多く、30歳近くまでやっていると『まだやってるの?』という心ないことを言う人も多かった。だから、『私にはもう時間がない』と思っていました」

――齋藤さんはキャプテンを担っていましたが、その後、ダイエーに移籍しますね。

「イトーヨーカドーも4強に入るチームでしたが、その上を目指す空気が少し足りていないように感じて。私は上位を目指すのではなくて、人生をかけてとことんやりたいと決意していましたから、物足りなさがありました。私は年齢が上になって怒られなくなっていましたけど、お互いの意見をぶつけることができて、頑張らないとレギュラーになれないくらいの環境に身を置かないといけない。そう思い、移籍先にダイエーを選びました」

――ダイエーを選んだ理由は?

「もっとも大きかったのは、当時のアリー・セリンジャー監督の存在です」

――ロサンゼルス五輪でアメリカ女子を、バルセロナ五輪でオランダ男子を率いて銀メダルを獲得した名将ですね。

「私が復帰したのがダイエーとの試合で、結果は負けました。ただ、その試合後、セリンジャー監督が『ダイエーが勝ったのは関係ない。あれだけの大ケガを負った齋藤が、ここまで戦えるようになったことに、私はもっとも喜びを感じる』と勝利者インタビューで言ったんですよ。

 実はイトーヨーカドーのトレーナーさんが、セリンジャー監督から『トレーナーの人生すべてをかけて、齋藤をコートに立たせるケアをしなくちゃいけない』と言われたことがある、と聞いたこともあって。自分のチームの選手でもないのに、『バレー界にとって必要な選手だ』と言ってくれている人がいると知った時に、『この人に自分のバレー人生をかけたい』と思って、セリンジャー監督に連絡をしました」