2021.11.26

元日本代表セッター佐藤美弥は「バレーとは関係ない進路を自分のなかで決めていた」。江畑幸子、栗原恵ら競技人生を変えた出会い

  • 中西美雁●文 text by Nakanishi Mikari

元女子バレー日本代表セッター
佐藤美弥インタビュー 前編

 今年の5月に現役を引退した、女子バレーボール元日本代表の佐藤美弥。日立リヴァーレで日本を代表するセッターに成長し、東京五輪でも活躍が期待されたが、ケガの影響もあって出場は叶わずユニフォームを脱ぐことを決めた。

 引退後、男子日本代表セッターである藤井直伸との結婚を発表。新たな生活を送る佐藤が、自身のバレーボール人生を振り返った。

今年5月の引退試合後のあいさつで、栗原恵(右)から花束を渡された佐藤(写真/本人提供)今年5月の引退試合後のあいさつで、栗原恵(右)から花束を渡された佐藤(写真/本人提供) この記事に関連する写真を見る  母がママさんバレーをしていたという佐藤は、小学校4年の時に友人に誘われて自身も競技を始め、6年生になるタイミングでセッターに転向。チームに所属する同学年のメンバーは佐藤も含めて2人しかおらず、監督はそのもうひとりをアタッカーとしてコンビを組ませた。

 当時の佐藤の身長は、女子としては大きい160cm。それでセッターに指名されたら不満も出てきそうだが、佐藤は「もうひとりの子が私より大きかったですからね。ポジションはセッターだけどスパイクも練習していましたし、特別こだわりもなかったので嫌ではありませんでした」と語る。

 学区が違う近隣の小学校には、ロンドン五輪銅メダリストの江畑幸子がいた。幼稚園は一緒で友達だったが、再びつき合いが始まったのは、共に地元・秋田県の聖霊女子短期大学付属高校に入学してからだ。

「バレーを始めたのはエバ(江畑の愛称)が先で、小学校の時はよく練習試合をして顔を合わせていましたが、そこまで話をするわけではなかったです。そのあとに高校で一緒になるんですけど、中学校3年生の時、聖霊女子の関係者の方に『国体に一緒に出よう』とお誘いいただいたのが進学のきっかけでした。

 私が高校3年生になる2007年に秋田で国体があり、それに合わせて聖霊女子も強化を進めていたんです。私は背の高いセッターとして期待されていたんですが......中学時代は聖霊女子の付属中学が"ライバル校"で、『聖霊女子を倒したい』という気持ちがあったので少し迷いましたね。ただ、バレーに真剣に向き合うようにもなって、(強豪校から声をかけられることは)めったにない機会ということで決断しました」