2021.05.26

坂口佳穂、東京五輪出場はならず。それでも「貴重な体験ができた」

  • 小崎仁久●文 text&photo by Kosaki Yoshihisa

 東京五輪の出場権を争う『東京2020ビーチバレーボール日本代表チーム決定戦・女子 立川立飛大会』(東京都立川市・ドーム立川立飛)が5月22~23日に行なわれた。

 これは、東京五輪に出場できる女子全24チームのうち、日本に与えられた開催国枠「1」を決める大会。ワールドランキングポイントに基づくFIVB(国際バレーボール連盟)開催国枠ランキングの上位6チームによって、変則ダブルエリミネーション方式(1、2回戦の敗者に復活戦がある)で争われた。

 ちなみに、今回の舞台はこの代表決定戦のために特別に作られた屋内コートを使用。プレーの鍵となる風がまったく吹かず、天井や壁との距離感などに順応するにも時間を要するが、選手たちには事前に十分な練習時間を与えられることはなかった。五輪出場をかけた重要な一戦にもかかわらず、そうした異例の条件下で行なわれるとあって、選手たちからは戸惑いの声も上がっていた。

 その代表決定戦に、ペアを組んで3年目となる坂口佳穂(25歳/マイナビ)&村上礼華(24歳/ダイキアクシス)ペアも出場。五輪切符を目指して奮闘した。

 東京五輪の日本代表決定戦に挑んだ坂口佳穂(右)と村上礼華のペア 東京五輪の日本代表決定戦に挑んだ坂口佳穂(右)と村上礼華のペア この記事に関連する写真を見る  1回戦の相手は、長谷川暁子(35歳)&二見梓(29歳)ペア。身長180cmの二見の高さと、長谷川のオールラウンドなプレーで攻撃を仕掛けていくチームだ。2週間前に行なわれた『マイナビジャパンビーチバレーボールツアー2021』の第1戦では優勝を飾っており、今最も好調な2人である。