2021.05.06

ビーチの妖精・坂口佳穂がハマッた料理、本、そして意外なスポーツとは

  • 小崎仁久●文 text by Kosaki Yoshihisa
  • スエイシナオヨシ●撮影 photo by Sueishi Naoyoshi

ビーチバレー
坂口佳穂インタビュー(後編)

4年に一度のオリンピックへの出場がかかる大事なシーズン。まして、自国開催のオリンピック出場を目指すとなると、そこに向かう選手たちの重圧や緊張感は半端ないだろう。だが、坂口佳穂(25歳/マイナビ)に気負いはない。これまでの積み重ねの自信ゆえか、挑戦者の立場ゆえか、穏やかで自然体でいる。いつもと変わらぬ屈託のない笑顔を見せて、プライベートなことについても語ってくれた――。

――昨シーズンは、ワールドツアーはほぼ1年間大会がなく、国内もツアー1大会と小規模なトーナメントが行なわれただけでした。アスリートとして、試合のない一年間は、どんな思いを抱えていたのでしょう。

「試合がないというのはとても残念でした。でも、大変な状況のなか、1大会だけでも開催してもらったことは、すごくうれしかったです。試合があることが"当たり前ではない"ということを再認識しましたし。

 よくよく考えると、スポーツは人が生活していくなかで、なくても困らないものですし、私たちスポーツ選手は、応援されることによって成り立っている職業ですから、みなさんへの感謝の気持ちも改めて感じました。

 長く試合のなかった期間で、アスリートとして、この仕事を通じて『私ができることは何だろう?』と考えました。スポーツファンの中には、選手のプレーを見て『元気や勇気をもらった』という方々がたくさんいるので、私もそう感じてもらえるような選手になりたい、という思いを強くしました」

――坂口選手は、今年の3月に25歳になりました。ビーチバレーボール歴も8年目。心構えなど、変化はありますか。

「25歳!? いつの間にか25歳、という感じですね。思えば、私より若い選手もたくさん出てきましたし、もう中堅選手って言われるようになりました(笑)。25歳になって、『ああ、こうやって歳って重ねるんだな』と。

 特別に大きな変化はありませんが、周りからどう見られるかもそうですし、自分がどう周りを見るか、というのは変わってきました。25歳、楽しみですね」