2021.05.06

ビーチバレー坂口佳穂「自分が五輪を目指すなんて考えてもいなかった」

  • 小崎仁久●取材・構成 text by Kosaki Yoshihisa
  • スエイシナオヨシ●撮影 photo by Sueishi Naoyoshi

ビーチバレー
坂口佳穂インタビュー(前編)

昨年、東京オリンピックが延期され、ビーチバレーボールの開催国枠男女各1チームを決める日本代表チーム決定戦も延期。今春、開催されることになった(5月22日~23日/女子は東京都立川市、男子は大阪市で開催される。男女各6チームで五輪切符を争う)。

着実に成長を遂げてきた坂口佳穂(25歳/マイナビ)も、村上礼華(24歳/ダイキアクシス)とのペアでランキング上位6チームに入って、日本代表チーム決定戦の出場権を得ている。若い坂口にとって、一年という延長された時間はプラスに働いたのだろうか。最重要シーズンとなる今季の開幕前に、彼女を直撃して話を聞いた――。

――昨シーズン、国内のマイナビジャパンビーチバレーボールツアーは1大会が開催されたのみ。そして、その立川立飛大会では、国内ランキングトップの石井美樹&村上めぐみペアといきなり1回戦で激突し、惜しくも敗れてしまいました。

「負けたことはとても悔しかったのですが、課題も見えましたし、手応えがあった試合でした。その悔しさがバネになって、その後のいいトレーニングにつながった部分もあります。

 石井&村上ペアとは咋シーズン、小さな大会でも対戦しましたが、勝つことができませんでした。"大きな壁"に感じて、口惜しい思いもあるのですが、実力のあるチームと対戦すると、全力で当たっていかないといけないので、課題が明確になります。その全力を毎試合、練習ゲームでも出していくことの必要性も感じました」

――村上礼華選手とのペアは、今シーズンで3年目を迎えます。チームとしての変化はありますか。

「これまでどおり、元気よくアグレッシブにプレーしています。プレーのベースは、サーブで攻めること、相手の攻撃を切り返していくこと。そういった点も変わりません。2人ともまだまだ、日々勉強です。

 ただそんななか、自分の意見を積極的に言うタイプではなかった礼華が昨年、試合でうまくいかなかった時に『それはこうじゃないですか?』『こうしましょう』と言うようになりました。それは、チームとして大きなことだったと思います。私の調子が上がらないと、すぐに礼華がカバーして助けてくれるようにもなりました。