2020.07.22

柳田将洋が語る今と「復帰」の難しさ。
「感覚が違う部分は出てくる」

  • 中西美雁●文 text by Nakanishi Mikari

男子バレー・龍神NIPPONの要
柳田将洋の決意 前編

後編:柳田将洋が語る現在の日本代表>>

 男子バレー日本代表の主将を務める柳田将洋が、古巣のサントリーサンバーズに復帰した。2017年にプロ転向し、同年から3シーズンをドイツやポーランドのリーグで活躍。世界と戦うために進化を続けてきた柳田が、再び日本の「V.LEAGUE」でのプレーを選んだ理由、かつて所属していた時とのチームの違いなどを語った。

古巣のサントリーサンバーズに復帰した柳田(写真/サントリーサンバーズ提供)――あらためて、今シーズンを日本でプレーすることに決めた理由を聞かせてください。

「新型コロナウイルスの影響もありましたが、ベストなパフォーマンスを維持するためのコンディション作りや、自身の今後の成長のことも考えて決めました。昨シーズンにプレーしたユナイテッド・バレーズとの契約延長の話、他の海外のクラブからのオファーもありましたけど、『何がベストなのか』を考えた結果、日本でプレーすることが一番いい選択だと判断しました」

――サントリーサンバーズを選んだ決め手は、やはり古巣だったからでしょうか。

「(2017年に)海外のリーグに挑戦する際に背中を押してくれた感謝の気持ちが、ずっと心の中にあったので。日本でプレーするならまたサンバーズに入って、前に在籍した時よりもいい結果を残したいと思っていました」

――柳田選手が日本に戻ってきたことで、同じ日本代表の西田有志選手(ジェイテクトSTINGS)との対戦が大きな注目を集めそうですね。

「僕は西田ほど結果を出せていませんから、試合をする日がきたら頑張りたいと思います(笑)。西田に限らず、誰に対してもチャレンジャーの気持ちで臨みたいです」

――チームに合流したのはいつ頃ですか?

「6月に入ってからですかね」

――久しぶりの日本での生活はいかがですか?

「海外にいる時は意識していませんでしたが、帰国してしばらくは母国での生活なのに少し違和感がありましたね(笑)。言葉や街並みはもちろん、『自転車やバイクの数が多いな』といったところも。あらためて、文化の違いを実感しました」