2020.06.30

西田有志、18歳で衝撃の代表デビュー。
強豪・イタリアの指揮官も警戒

  • 中西美雁●取材・文 text by Nakanishi Mikari

スーパーエース・西田有志 
がむしゃらバレーボールLIFE
 (7)

第1回>> 第2回>> 第3回>> 第4回>> 第5回>> 第6回>>

日本代表1年目の秘蔵フォト集>>

Vリーグ1年目の秘蔵フォト集>>

 現在のバレーボール男子代表で、大きな期待と注目を集めている20歳の西田有志。そのバレー人生を辿る連載の第7回は、初の日本代表での戦いを振り返る。

***

 海星高校3年時の2018年1月に、ジェイテクトSTINGSで鮮烈なVリーグデビューを飾った西田は、卒業後の同年4月にシニアの日本代表に初招集された。

日本代表での最初の背番号は「32」だった西田 photo by Sakamoto Kiyoshi 2016年のリオ五輪後、代表監督に就任した中垣内祐一は、得点力の高いオポジットを求めていた。2008年の北京五輪からそのポジションを担ってきた清水邦広(パナソニックパンサーズ)が、度重なるケガで代表を離れていたためだ。

"ポスト清水"として、バルセロナ五輪代表メンバーである大竹秀之の長男で、当時中央大学4年生だった大竹壱青(パナソニックパンサーズ)が、2017年に国際大会デビューを果たす。さらに、堺ブレイザーズのミドルブロッカー・出耒田敬も、筑波大学時代の経験を買われてオポジットで起用された。

 しかし、2017年9月のグランドチャンピオンズカップは、エース・石川祐希がケガで離脱したこともあり、5戦全敗に終わった。18歳の西田の抜擢には、中垣内監督の期待の大きさが表れていた。