2018.10.05

ヤバイくらい緊張しない黒後愛。
世界バレーで大器の片鱗を見せている

  • 中西美雁●文 text by Nakanishi Mikari
  • 坂本清●撮影 photo by Sakamoto Kiyoshi

「ヤバイくらい緊張してません(笑)」

 日本で開催中のバレーボール世界選手権が開幕する直前、黒後愛はベテランの荒木絵里香にそう言ったという。

 その言葉どおり、20歳の全日本女子のエースは前衛からも後衛からもアタックを決めまくった。1次ラウンドを終えた時点(日本はオランダに次ぐ2位で2次ラウンド進出)で、全選手の中でベストスコアラー11位。日本チームの中ではトップだ。休息のためにスタメンから外れていた試合があったことを考えれば驚異の数字である。


初めての世界選手権で活躍を見せる黒後 昨年の同時期の中田ジャパンは、バックアタックの少なさを指摘されることもあった。10月4日に行なわれたドイツ戦後、黒後は「バックアタックはもともと打つのが好きですし、自分が前衛のときにバックアタックが1本あるとすごく楽になる。なので、自分が後衛のときも、積極的にトスを呼んで助走に入って、前の選手を助けられるようにしたい」と話したが、今大会に使われることが多くなったバックアタックを何本も決めている。

 1次ラウンドの締めくくりとなったドイツ戦は、エースらしい活躍でチームを救った。デュースにもつれ込んだ第1セットで、24-24から抜け出す25点目を決めたのは黒後。その後も「ここで1点ほしい」勝負どころでスパイクを決め続けた。

 そのドイツ戦後、黒後は少し口をとがらせながら「1次ラウンド全体を振り返ると、個人的に納得できたのは今日だけです」と話し、プレーを改善できたきっかけをこう明かした。

「ジンさん(セッターの田代佳奈美)とコミュニケーションを取って、自分が少し助走に入るのが早すぎたので、ジンさんのトスを見てから助走を始めるようにしました。これまではかぶる(ボールの下に入りすぎる)ことが多かったので、それを修正できて、ボールをちゃんと叩けた。体重を乗せてミートできたのがよかったと思います」

 ドイツ戦では、セッターの田代が黒後に大きな信頼を寄せていることがわかるシーンがあった。

 第3セットの序盤、黒後が被ブロックされた直後も続けてトスを上げると、黒後はブロックを怖がってアウトにしてしまう。しかしそれでも、田代は3回連続で黒後にトスを託した。黒後はその田代の思いをしっかりと受け止め、ブロックの指先を狙ったタッチアウトで得点した。