2018.09.27

ビーチバレー坂口佳穂、今季
ランク1位で成長実感も表情が厳しい理由

  • 小崎仁久●文 text&photo by Kosaki Yoshihisa

 国内ビーチバレーボールツアーの最後を締めくくる『ジャパンビーチバレーボールツアー2018ファイナル グランフロント大阪大会』(9月22日~23日)が、大阪のまさに中心地、多くの乗降客や観光客が行き交うグランフロント大阪 うめきた広場(大阪市北区)にメインコートを設けて行なわれた。メインコートと3つのサブコート(大阪市都島区・毛馬桜之宮公園)には、観戦無料とはいえ、2日間で延べ2万7800人の観衆が集まった。

多くの観衆が詰めかけたツアーファイナル ツアーファイナルは、全9戦行なわれた今季ツアーのランキング上位8チームによる”最終決戦”。今季、念願のツアー初優勝を果たした坂口佳穂(22歳/マイナビ)&鈴木悠佳子(30歳/湘南ベルマーレ)ペアも、堂々のランキング1位で大会に臨んだ。

 2組に分かれて各4チームで総当たり戦が行なわれた予選プール。プールAの坂口&鈴木悠ペアは、第1試合で永田唯(29歳)&熊田美愛(27歳)ペアと対戦した。

 永田&熊田ペアは今季、精力的にワールドツアーを回って、メキメキと力をつけてきた。国内ツアーでの優勝はないものの、3位が4回あり、ツアー第9戦の都城大会では準優勝という成績を残して上り調子にある。