2017.10.28

世界を知った東レコンビ・李博と
藤井直伸が、Vリーグに持ち帰るもの

  • 中西美雁●文 text by Nakanishi Mikari
  • 浦川一憲●写真 photo by Urakawa Ikken

 今年、バレーボール全日本男子に新風を吹き込んだ、ミドルブロッカー李博(27歳)とセッターの藤井直伸(25歳)。藤井は全日本初招集、李もこれまでは出場機会に恵まれてこなかったが、息の合ったコンビネーションで存在感を示した。

 両者はVプレミアリーグの東レアローズでもコンビを組んでおり、昨季のリーグ制覇に大きく貢献している。今季は黒星スタートとなったが、世界の強豪相手に経験を積んだ2人にかかる期待はさらに高まるだろう。そんな李と藤井に、全日本での試合で得たもの、連覇を狙うVリーグへの意気込みを聞いた。

全日本での戦いを終え、東レで連覇を目指す李(左)と藤井(右)***

――全日本での活躍で注目度が高まったと思うのですが、周囲の対応は変わりましたか?

 街で「李さんですよね」と声をかけられることが多くなりました。注目されることはありがたいことですし、プレッシャーではないです。

藤井 僕は感じないですね。李さんほど人気はありませんから(笑)。

 ちょっと! 藤井のほうが、僕よりずっと人気ですよ(笑)。

――全日本で国際試合の経験を積んで感じたことはありますか?

 (世界は)サーブ力と、ブロック力がすごいなとあらためて感じました。リードブロック(トスを見てから跳ぶブロック)の出し方が、コミットブロック(相手のアタッカーの動きから予測して跳ぶブロック)みたいにガッと出てくる。「(ブロックが)ないな」と思って打つと後から手が出てくるので、最後までよく見て打たないといけないんです。

藤井(初召集で)日の丸を背負って戦う責任の重さをすごく感じました。プレーに関しては、李さんと同じくブロックとサーブに差があることと、それに加えて、世界トップレベルの選手は細かいプレーを簡単にこなすなと。僕たちも、ラリーやパスの精度を上げてミスを少なくしないと太刀打ちできないと思いました。