2017.08.24

ビーチバレー、坂口佳穂&藤井桜子が
「ペア解散」の試合で見せた輝き

  • 小崎仁久●取材・文 text&photo by Kosaki Yoshihisa

 女子ビーチバレーボーラーの日本一を決める第28回全日本ビーチバレー女子選手権大会(8月17日~20日)が、大阪府泉南郡岬町のせんなん里海公園ビーチバレー競技場(潮騒ビバレー他)で行なわれた。

 都道府県代表を含めて、全56チームが参加。4日間で争われる同選手権は、毎年酷暑の時期に行なわれることもあって、「最も過酷な大会」と言われている。注目の坂口佳穂(21歳/マイナビ)&藤井桜子(26歳/市進ホールディングス)ペアも、東京都代表としてその厳しい戦いに挑んだ。

全日本女子選手権に挑んだ坂口佳穂(左)&藤井桜子(右)ペア 今季からペアを組んだふたりだが、ここ最近はそれぞれ別の選手とペアを組んで大会に出場。ふたりが公式戦でペアを組むのは4大会ぶりとなる。そして、坂口と藤井がペアを組むのは、これが最後になることが決まっている。大会を前にして、坂口はこう語った。

「藤井さんは私を引っ張ってくれて、何度も助けてもらってきた。(ペアを組むのは)最後になるので、悔いのない大会にしたいと思っている」

 大会第1日目、2日目に行なわれた予選リーグ()。坂口&藤井ペアはひとつのセットも失うことなく、3戦3勝。32チームで行なわれる決勝トーナメントに難なく駒を進めた。
※12組に分かれて、各組4チームによる総当たり戦を実施。上位2チームが決勝トーナメントに進出。推薦8チームは決勝トーナメントから出場。