2015.09.02

【女子バレー】リオ五輪出場権獲得へ、カギを握るのは古賀紗理那

  • 中西美雁●文 text by Nakanishi Mikari
  • 坂本 清●写真 photo by Sakamoto Kiyoshi

 9月1日仙台市体育館で行なわれたワールドカップ2015女子大会第8戦、日本はフルセットでセルビアに惜敗し、6勝2敗勝ち点19で5位に後退。2位以上が条件となるリオ五輪への切符獲得は残り3戦を全勝でいかなければ苦しくなった。

 ここまで振り返ると、日本の大きな収穫は19歳の古賀紗理那(NEC)の予想以上の活躍ぶりだ。もともと高校時代から大型レセプションアタッカーとして注目され、「木村沙織の後継者」とも呼ばれてきた。高校時代は日本一のタイトルを獲ることなく終えたものの、新人として参加した2014/15V・プレミアリーグ女子ファイナルでは途中投入されて大活躍し、NEC10年ぶりの優勝の立役者となった。

19歳の若きエース、古賀紗理那にかかる期待は大きい

 本格的なシニアでの活動は今年度が初めて。7~8月に行なわれたワールドグランプリのファイナルでは全試合に出場するも全敗し、ワールドカップ直前合宿でも「あまり調子が良さそうには見えなかった」(眞鍋監督)。ところがフタを開けてみれば、ベストスコアラーランキングがチームトップの5位、ベストサーバーランキングがチームトップの2位、ベストレシーバーもチームトップの2位。ベストディガー(スパイクレシーブ)が14位とユーティリティプレーヤーぶりを見せつけることとなった。眞鍋監督も「直前合宿では、少し手を抜いていたのかもしれませんね」と苦笑した。