2022.04.26

リハビリ中の錦織圭が沖縄に突如現れた。「マリーになる寸前だった」というケガの回復具合を聞いた

  • 内田暁●取材・文 text by Uchida Akatsuki
  • photo by AFLO

「うそー! マジで?」
「ヤバイ、ヤバイ?」

 打球音と、ジュニア選手たちの息遣いに満たされたテニスコートに、突如として黄色い歓声が響きわたった。

 喜びと驚きに見開かれた選手たちの視線の先にいるのは、錦織圭。4月18日〜22日に沖縄県豊見城市で開催された『リポビタンPresents伊達公子×YONEX PROJECT』(以下、伊達プロジェクト)の強化合宿に、あの錦織がふらりと現れたのだ。

昨年10月を最後に実戦から離れている錦織圭昨年10月を最後に実戦から離れている錦織圭 この記事に関連する写真を見る 「伊達さんに会いたかったというのもありますし、ジュニアのトップのレベルを見ておきたかったというのもあります。ちょうどリハビリをして時間があるなかで、少しでも自分のできることをしたいのと、足を運ぶことでリラックスにもなると思うので......いろんな兼ね合いで」

 沖縄を訪れた理由をそう語る錦織は、「水族館にも行きたかったし」と、南国の風に乗せてフワリと笑った。

「伊達プロジェクト」は、世界の4位まで上り詰めた伊達公子さんが2019年に立ち上げた、後進育成のための企画だ。プロジェクト生を広く公募し、伊達さん自らがオーディションに立ち会い、強化対象選手を選考する。

 女子4選手で始動した第一期生が昨年卒業し、続いて8名からなる第二期生が昨年春に選ばれた。プロジェクトの主な内容は、2年間で8回開催される育成キャンプ。今回の沖縄合宿は、二期生の第4回キャンプにあたり、12歳から15歳の7選手が参加した。

 その合宿での"臨時コーチ"を申し出たのは、錦織本人だったという。

「沖縄で合宿やるんですよね、だったら僕も行こうかな」と雑談のなかで口にした錦織の言葉に、伊達さんも最初は「本当に来られるの?」と半信半疑。それでも伊達さん曰く「あとは流れというか、勢い」で実現した、今回の錦織コーチ誕生だ。

 当初は半日のみの指導予定だったが、その翌日にも錦織はサプライズで登場し、選手たちを熱狂させる。マネージャー等の帯同や、スポンサー関係者たちの姿もなし。完全なプライベートでの沖縄訪問のなか、錦織は2日間で計6時間ほど選手たちとボールを打ち、助言を与え、ユーモラスな言動の数々で選手たちと談笑も交わした。