2021.02.11

大坂なおみ、強烈サーブで圧倒。「5年前の記憶」が完勝につながった

  • 内田暁●取材・文 text by Uchida Akatsuki
  • photo by AFLO

「どうして、私がここにいるの!?」

 そんな居心地の悪さを、あの時、彼女は感じていたという。

 2015年10月末の、シンガポール......。

 WTAファイナルと同会場で行なわれた、若手スター発掘のエキジビション大会「ライジング・スター」でのこと。当時18歳の誕生日を迎えたばかりの大坂なおみは、年齢もランキングでも参戦4選手のなかで最も下だった。

わずか1時間でガルシアを破った大坂なおみ とくに大坂に引け目を感じさせたのは、すでに35位の高みに至った当時22歳の選手の存在だ。

「こんな選手と同じ場所にいていいの?」

 劣等感に飲まれそうになるが、同時に彼女は「自分は、この場にふさわしい選手だと証明してみせる」との誓いも新たにした。

 結果、大坂は35位の選手を決勝で破り、ライジング・スターの頂点に立つ。

 この優勝が思い出深いものとなったのは、エキシビション大会とはいえ、優勝に縁遠かった彼女にとってそれが初のWTAタイトルだったから。そして、この時の決勝で戦った相手こそが、今回の全豪オープン2回戦で対戦したキャロライン・ガルシア(フランス)である。

 大坂がガルシアと対戦するのは、5年前の、そのシンガポール以来だった。

 あの時、畏敬の視線を向けた相手は、その後いくつかの浮き沈みを経て、今はランキング43位。対する大坂は、3度のグランドスラム優勝をレジメに刻む、世界の3位。勝者の立場は、数字上では逆転していた。

 それでも大坂が、細心の注意と最大の準備をもってこの一戦に望んだのは、5年前の記憶が大きかったからだろう。

「彼女とはラインジング・スター以来対戦がないし、彼女のように、いつ全力でボールを打ち込んでくるか予測できない選手との対戦は難しい」

 そのような警戒と敬意を抱いているからこそ、彼女はコーチのウィム・フィセッテと一緒にガルシアのプレー動画を多く見て、話し合いをもったという。

「このような局面では、どうプレーすべきか?」と作戦を立て、多少はエースをとられても「仕方ないと思う」ことも心がけた。