2019.10.28

大坂なおみがクビトバに勝利。
自己流のマインドセット術で試合に臨んだ

  • 神 仁司●文・撮影 text&photo by Ko Hitoshi

初勝利を決めた瞬間、父親らがいる方向を見つめた大坂なおみ 女子プロテニスツアーの最終戦・資生堂WTAファイナルズ(中国・深セン)のオープニングマッチに登場した第3シードの大坂なおみ(WTAランキング3位、10月21日付け、以下同)は、ラウンドロビンの初戦で、第6シードのペトラ・クビトバ(6位、チェコ)を、7-6、4-6、6-4で破って幸先のいいスタートをきった。

 2年連続2回目のWTAファイナルズ出場となった大坂だが、昨年は3連敗だったため、これがファイナルズでの初勝利となった。

「とてもうれしいです。すべてのトッププレーヤーがプレーしている大会ですからね。過去には少し苦しんだ部分もありましたし。高いランキングの選手とプレーするとき、なかなかうまくいかないこともあります。だからこそ、この大会は私にとって大きなチャレンジなのです」

 2019年オーストラリアンオープン決勝の再現となったこの対戦カード。第1セット第1ゲームを、クビトバがいきなり先にブレークした。クビトバは、サーブやストロークで強気に打っていく時、一撃でウィナーを奪える力がある反面、ミスが多い部分もあり、そこから大坂が反撃へ転じるチャンスがあった。

 また、サーブやストロークの打ち合いでは、クビトバがバックサイドにボールを集め、なかなか思うように試合の流れをつかむことができなかったため、大坂のメンタルのアップダウンが激しく、ラケットを何度も投げる場面があった。

 ただ、「自分のサーブで、自分から本当にひどいゲームをしてしまった」と振り返ったクビトバは、第1セット第8ゲームで3回、ファイナルセット第3ゲームで2回、ダブルフォールトをして、自らのミスによってサービスブレークを大坂に許すことになった。

「彼女(クビトバ)のダブルフォールト(合計9回)がかなり多かったので、私が取れた(ブレークした)ゲームはちょっとラッキーだったと思います」

 結局、2時間39分におよぶロングマッチを制したのは大坂で、これでマッチ11連勝となった(自己タイ)。

 このWTAファイナルズの前に行なわれていたアジアシーズンで大坂は、復活の狼煙を上げるようなめざましい活躍を見せていた。