2019.10.30

大坂なおみが「U字」の1年に幕。
多く泣いたが「去年よりよかった」

  • 内田暁●取材・文 text by Uchida Akatsuki
  • photo by AFLO

「とてもたくさん泣いた一年だった」

 そう振り返るシーズンは、悲しみ混じりの笑みとともに、唐突に幕を閉じた。

 長いシーズンの掉尾を飾る、年間ランキング上位8名によって競われるWTAファイナルズ。「優勝を狙って」参戦したその大会で、大坂なおみはラウンドロビン(リーグ戦)の2戦目直前に棄権を表明した。

棄権したWTAファイナルズの会見で大坂なおみがシーズンを総括 理由は、右肩の痛み。それは約3週間前に、チャイナ・オープンの決勝で発症した痛みの名残りだったと言う。

 全豪オープン優勝と世界ランキング1位戴冠に始まり、苦しみの欧州の初夏を経て、実りのアジアシリーズを迎えたこの1年を、大坂は「Uの字」に例えた。

 頂点からの滑落の予兆は、2月のサーシャ・バインコーチ解任だっただろうか。「テニスでの成功よりも、人生の幸福を選んだ」との発言が多くの憶測を呼ぶなか、新たにコーチの席に座したのは、全米テニス協会(USTA)のコーチだったジャーメイン・ジェイキンスである。

 しかし、過剰な注視を浴びながらの戦いには、常に苦しみが伴った。

 陥った「U字の”底”」は、7月上旬のウインブルドン。第2シードで迎えるも初戦で敗れた大坂は、試合後は涙をこらえきれず、記者会見の途中で部屋を去った。

 東レ・パンパシフィック・オープンを含む2大会優勝を成したアジアの秋は、「U字型の右側」である。8月末のUSオープンを4回戦で終えた時、大坂はジェイキンスとも離別。そして残ったチームスタッフを前にして、彼女はこう宣言したという。

「シーズン終盤のアジアシーズンで、私は必ず優勝してみせる。USオープンでは望むような結果が出せずにごめんなさい。残りのシーズン、すべての力を出し切って、みんながいい気分で家に帰れるようにするから」

 その言葉どおり、10連勝でWTAファイナルズへと駆け込んだ今季のラストスパートを、彼女は「最も自分を誇りに思う点」だと言った。それはこれまで、よくも悪くもグランドスラムに最大の重きを置いてきた彼女が、USオープンを終えてなお、タンクに残ったエネルギーの最後の一滴まで使い切ったからだった。