2019.09.30

姉妹のようなふたり。土居美咲と
日比野菜緒のよく似た成長曲線

  • 内田暁●取材・文 text by Uchida Akatsuki
  • photo by AFLO

 握手のために、日比野菜緒がネット越しに差し出した手を、土居美咲はすりぬけ、代わりに伸ばした腕で日比野の肩を抱き寄せた――。

 9月9日から15日にかけて、広島市で開催された「花キューピットオープン」。そのWTAツアー大会で、日比野と土居はシングルス決勝で対戦した。

 勝者は、土居を姉のように慕う日比野。さらにこのふたりは、同大会のダブルス優勝ペアであり、翌週に大阪で開催された東レ・パンパシフィックオープンのベスト4進出ペアでもある。

東レでも息の合ったプレーを見せた土居美咲(左)と日比野菜緒(右) 年齢では3歳半の隔たりがある両者だが、ふたりのキャリアの足跡は並走と交錯を繰り返し、似た成長曲線を描いてきた。

 ツアー初優勝は、ともに2015年の末。日比野がタシュケント・オープンで優勝したその1カ月後に、土居もルクセンブルグでトロフィーを掲げた。翌2016年には、揃って各々のキャリア最高ランキングに到達。日本代表として、リオデジャネイロ・オリンピックにも出場している。

 そこから険路を歩んだのも、ふたりに共通する足取りだ。2017年シーズンは望むような結果が得られず、2018年にはランキングも100位圏外へ。グランドスラム本戦やWTAツアーに出られぬ日々のなかで、ともに「テニスを続けるのが苦しい……」との言葉も漏らすようになっていた。

 わけても一層もがき苦しんだのが、300位台までランキングを落とした土居だ。敗戦が続いた昨年序盤には、「コートに向かうのが怖い」と感じるまでになったと言う。

 それは単に、敗れることへの恐れではない。

「試合になっていない。これではプロとして、コートに立つべきではないのでは?」という、自尊心や責任感との葛藤。

 あるいは、「ぐっちゃぐちゃで、自分でも何をしたかったのか、わからないままに負ける」という、自身と向き合うことへの恐怖心。

 それらの感情が臨界点に達した昨年4月頃には、両親や親しい人たちに、「辞めるつもりだ」と打ち明けた。そんな土居の胸中を風の便りで耳にした日比野は、思わず涙したという。