2019.09.23

大坂なおみが故郷での大会期間中、ずっと自らに言い聞かせていたこと

  • 神 仁司●文・写真 text&photo by Ko Hitoshi

 優勝が決まった瞬間、大坂なおみは両親が座っている関係者席に向かって満面の笑みを見せた。それから達成感に浸るように顔を大阪の空に向け、目を閉じて喜びをかみしめた――。

生まれ故郷の大阪で、優勝プレートを手にして微笑む大坂 東レ パン パシフィックオープンテニス(東レPPO)決勝で、第1シードの大坂なおみ(WTAランキング4位、9月16日づけ、以下同)は、アナスタシア・パブリュチェンコワ(41位、ロシア)を6-2、6-3で破って初優勝を飾った。日本人選手としては、1995年の伊達公子以来24年ぶりの優勝となる。

 これまで大坂は、東レPPOで2016年と2018年で準優勝しており、3度目の正直でつかみ取った初優勝となった。大坂のキャリア通算4回目の優勝は、日本で開催されるWTA大会での初タイトルであり、生まれ故郷でのうれしい戴冠となった。

「私にとっては特別に感じる大会のひとつですし、この優勝がスペシャルなものであることは間違いないです。この大会で優勝したいと思っていたので、実現できて本当にうれしい」

 決勝で得意のフォアハンドストロークが好調だった大坂は、ラリーで主導権を握ってパブリュチェンコワを圧倒。終始ゲームを支配した。