2019.08.15

錦織圭が西岡良仁を強くした。
勝者の哲学を伝える「ヒーロー」の宿命

  • 内田暁●取材・文 text by Uchida Akatsuki
  • photo by Getty Images

 試合当日の朝は、ろくに眠れぬまま、空が白むのを迎えたという。

「目がずっと冴えていて。本当に……純粋に、本当に試合することが楽しみだったので」

 西岡良仁は言葉どおり、本当に純粋にうれしそうな笑みをこぼした。試合後のオンコートインタビューでも、そして試合から約1時間後の会見でも、彼は再三、この日の対戦相手を「ヒーロー」と形容する。

自身のヒーロー錦織圭から勝利を手にした西岡良仁「勝敗は、あまり気にしていなかった。僕のヒーロー相手に、ベストを尽くそうと思っていた」

 それが、コートに立つ23歳のチャレンジャーの、迷いなき無垢な思いだった。

 対する西岡の「ヒーロー」には、胸に抱える、もう少し複雑な感情があっただろう。

「やりにくさと……楽しみな気持ちもあったし。練習などは近くでは見てきたけれど、対戦は今までなかったので。(試合前の気持ちは)両方ありました」

 それが、西岡との対戦を知った時の、錦織圭の偽らざる胸中だ。

 錦織は、これまでも西岡の試合となれば、コートサイドまで足を運び、観戦することも少なくない。盛田正明テニスファンドの支援を得てフロリダに渡った西岡は、自分の切り開いた道に続く、もっとも身近な後輩のひとりでもある。

「よっしー(西岡)はIMGアカデミーで一緒に練習してきた仲なので、がんばってほしいという思いは誰よりも強い」

 西岡に対して錦織は、そんな兄貴分的な視線を向けてきた。相手との駆け引きを楽しむかのようなメンタリティに、「俺と似てるな……」と、温かい共感の笑みをこぼしたこともある。

 同時に、2年前のインディアンウェルズ・マスターズで西岡が快進撃を見せた時は、試合を見ながら「あれだけスピンをかけてしぶといプレーをされると、相手としてはつらい。僕がやるにしても、タフな相手だろうなと感じる」と、対戦相手に自分の姿を重ねていた。

 どこか自分と似ていて、だからこそやりにくい――。ひとりのテニスプレーヤーとして見た時には、西岡はそんな存在だった。