2019.05.31

錦織圭が逃さなかったツォンガ戦の転換点。
4年で変化した力関係

  • 内田暁●取材・文 text by Uchida Akatsuki
  • photo by AFLO

「錦織圭とジョー=ウィルフリード・ツォンガ(フランス)の対戦」で、多くのファンが思い出すのは、ローラン・ギャロス(全仏オープン)のセンターコートで行なわれた、4年前の準々決勝戦だろう。

ツォンガとの9度目の戦いを制して3回戦進出を決めた錦織圭 当時のツォンガはランキング15位で、一方の錦織は、前年から描く急勾配の成長曲線の先端を走る世界5位。全盛期の躍動感にやや陰りを見せ始めていた30歳のツォンガは、急成長の季節を謳歌する25歳の錦織をホームで迎え撃った時、なりふり構わず、本来の彼とは異なる戦い方を選んだ。

ネットにも果敢に出る超攻撃テニスを身上とするツォンガが、ベースライン後方に下がり、じっくり長いラリーに持ち込む。とくに彼の弱点とされるバックハンドでは、スライスを多用してミスを減らし、逆に錦織のミスを誘った。

 また、赤土を巻き上げる強風も、試合をかき乱す因子となる。戦前に想定しただろう策とあまりに異なる展開に、錦織は「こんなに自分を見失ったのは、久しぶり」と、試合後にまつげを伏せた敗戦だった。

 その日から流れた4年の年月は、ふたりの境遇や力関係に、さらなる変化をもたらしている。

 29歳になった錦織は、手首のケガによる半年の戦線離脱を経ながらも、約5年にわたりトップ10に定着している。対するツォンガは、ひざのケガで262位まで落としたランキングを82位にまで引き上げ、完全復帰の道なかばだ。

 互いに試練を経験しながらも、それぞれの求める地点を目指す両者の行路は、今年再び、ローラン・ギャロスのセンターコートで交錯した。

 試合開始時にまばらだった客の入りは、ツォンガの現在の立ち位置を、そのまま映していたかもしれない。それでも、個々の声量と熱量の高いフランスのファンは、情熱的な声援を元世界5位の背へ送る。

 その、かつていた地位に少しでも近づこうとする34歳は、彼の武器とテニスをまっすぐ錦織にぶつけてきた。隆起した上腕をしならせ、フォアの強打を全力で左右に打ち分ける。錦織の返球が浅くなると見るや、ネットに詰めてボレーやスマッシュを叩き込む。