2019.06.01

大坂なおみが失わない
チャレンジャーの姿勢。「私はまだ新参者」

  • 神 仁司●文・撮影 text&photo by Ko Hitoshi

 全仏テニス(ローランギャロス)2回戦で、大坂なおみ(WTAランキング1位/5月27日づけ、以下同)が、ビクトリア・アザレンカ(43位、ベラルーシ)に4-6、7-5、6-3で、逆転勝ちを収めて2年連続3回目の3回戦進出を決めた。

元世界ナンバーワンのアザレンカを倒して、試合後の会見で笑顔を見せる大坂なおみ アザレンカは2012年と2013年の全豪チャンピオンで、元世界ナンバーワン。大坂は2018年USオープンと2019年全豪でチャンピオンになり、現在の世界ナンバーワン。グランドスラムを制覇した経験を持つ2人が対戦した2回戦は、大会5日目屈指の好カードとなり、スザンヌ・ランランコートの客席はほぼ満席になった。

 注目の試合は、出だしから好調なプレーを見せたアザレンカが大坂に攻勢をかけた。大坂のバックサイドにボールを集めてミスを誘い、甘い返球を見逃さずにウィナーを決めて、29歳の元女王がセットを先取する。

 だが、大坂は反転攻勢のチャンスを虎視眈々と狙っていた。

「試合中に意気消沈していたわけではありません。彼女(アザレンカ)のプレーが本当によかったんです。だから少しずつ疲れてくるのを待っていました。第2セットやファイナルセットの終盤に彼女が疲れてきたので、早くポイントが取れるように、チャージをかけました」

 その言葉どおり、第2セット第8ゲームは5回のデュースの末、大阪がサービスブレークに成功して反撃の狼煙を上げた。第12ゲームでは、3回のデュースの末、大阪が4回目のセットポイントでバックハンドのダウンザラインへのウィナーを決めて、セットオールにした。

 大坂はアザレンカとのバッククロスの打ち合いを回避しようと、勇気を持ってバックダウンザラインへのショットを打った。そして、好転してきたところで、得意とするフォアハンドストロークにトップスピンをかけ、コート深くにコントロール。これで、アザレンカは簡単に攻められなくなった。

 また、バックのドロップショットはまだ発展途上ながら、前後にゆさぶりをかけてアザレンカの体力を奪うのに有効だった。

 ファイナルット第1ゲーム、大坂は3回のブレークポイントをセーブし、センターへのサービスエースを決めてキープに成功すると、試合の流れは一気に大坂に傾いた。疲労が見え始めたアザレンカはミスが増え、大坂は第4、6ゲームでもブレークに成功。大坂は43本のミスをしたものの、52本のウィナーを決めて2時間50分におよんだ激闘を制した。