2018.11.12

「自信になる」。錦織圭、フェデラーに
勝利して初タイトルへ弾み

  • 神 仁司●文・撮影 text&photo by Ko Hitoshi

 錦織圭が、ATPファイナルズに帰還し、ロジャー・フェデラーから約4年半ぶりの勝利をつかみ取った――。

 ロンドンで開催されるATPファイナルズは、シーズンの年間成績上位8人だけがプレーを許されるエリート大会で、いわば年間王者決定戦。今回は、フアン・マルティン・デル・ポトロ(ATPランキング4位、11月5日づけ/以下同、アルゼンチン)が、右ひざ膝蓋骨の骨折によってファイナルズ欠場を表明したため、錦織(9位)が繰り上がって2年ぶり4度目の出場権を獲得した。

初戦のロジャー・フェデラーを相手に勝利を収めた錦織圭 今シーズンは、WTAファイナルズで大坂なおみが初出場を果たし、錦織がATPファイナルズに出場。日本テニス界では初めて男女共にツアー最終戦に出場を果たすというエポックメイキングな年となった。

 28歳の錦織にとって2018シーズンは、2017年に負傷した右手首のケガからの復帰イヤーとなった。1月の開幕戦やオーストラリアンオープンに錦織は間に合わなかったが、USオープンではベスト4に進出。それ以降、錦織は安定した成績を残してポイントを積み重ね、11月5日のランキングでは2017年9月以来のトップ10復帰を果たした。復帰当初、ファイナルズ出場は現実味が薄かっただけに、ここまで辿り着いたという事実だけでも称賛に値する1年と言えるだろう。

「トップ8で終われなかったので、若干ラッキーはありました。でも、すごくうれしいですね。ここ(ファイナルズ)に来るのはもちろん簡単ではないです。トップ10に入ることは、今年の第一の目標だった。本当に(シーズンの)途中ぐらいから、少しずつ自信をつけて、ここまで来ることができました。今年1年プレーして満足しているので、ある意味ボーナスだと思って戦いたいですね」