2018.07.10

錦織圭、全英で8強進出。
23年ぶりの快挙達成も次戦に向けて超クール

  • 神 仁司●文・撮影 text&photo by Ko Hitoshi

松岡修造以来のウインブルドンベスト8進出を果たした錦織圭 10度目のウインブルドン。錦織圭は、テニスの聖地でついにベスト8の扉をこじ開けた――。

 ウインブルドン4回戦で、第24シードの錦織は予選から勝ち上がってきたATPランキング138位のエルネスツ・グルビス(ラトビア)を、4-6、7-6、7-6、6-1で破って、初のベスト8入りを決めた。

 日本男子としては、1995年の松岡修造以来23年ぶりの快挙で、これで錦織はすべてのグランドスラムでベスト8以上に到達したことになり、日本人選手では伊達公子と並ぶ記録達成となった。

「1つのゴールとして、今までなかなか壁を破れなかったので、うれしい気持ちもあります」

 こう語った錦織は、グランドスラムデビューとなった2008年ウインブルドンから10年間、グランドスラムの中で唯一ウインブルドンだけ準々決勝に進出できないでいたが、これで10度目の正直となった。

「(10年間で)自分のテニスも上達しているので、毎年安定感が増してきたり、今までできていなかったことができたりすることもある。環境自体も、芝の長さ、コートの速さも毎年変わってきたりする。何とも言えないですけど、(自分が)成長しているのかなと思います」

 4回戦の立ち上がりは、グルビスのサーブとストロークが好調で、特にサーブは最高時速212kmに達し、平均速度194kmのファーストサーブに錦織はてこずった。

「リターンは苦労しました。正直第2セットぐらいまで、(グルビスのサーブを)全く読めなかったです」と、たとえリターンミスをしても我慢強くプレーを続けた。