2018.03.27

錦織圭、「ケガの先輩」に完敗して、
むしろ復活へポジティブな手応え

  • 内田暁●取材・文 text by Uchida Akatsuki
  • photo by AFLO

 敬虔なクリスチャンである彼は、勝利の後いつもそうするように、胸の前で十字を切り、その手をマイアミの青空へとかざした。

 その背後を横切る錦織圭は、ラケットバックを担いで出口へと向かいながら、歓声に軽く手を振り応じる。フアン・マルティン・デル・ポトロ(アルゼンチン)との8度目の対戦は、2-6、2-6の敗戦。6位と33位という、両者の現時点での立ち位置が反映された結果だと見ることもできるかもしれない。

試合後に健闘を称え合う錦織圭(左)とデル・ポトロ(右) ジュニア時代から互いを知るふたりが初めてツアーレベルで戦ったのは、10年前の全米オープン4回戦だった。

「テニス界の未来」と目された10代対決を制したのは、1歳年上のデル・ポトロ。試合後、錦織との初対戦の日を覚えているかと問われたデル・ポトロは、「もちろん! 12~13歳のころで、圭はこんなに小さくてね」と人懐っこい相好を崩し、手のひらを腰のあたりでヒラヒラ揺らす。19歳にしてベスト8に進んだ1歳年長者の姿は、錦織が1年後にいるべき場所を示す道標のようだった。

 その1年後の全米で、デル・ポトロは決勝でロジャー・フェデラー(スイス)を破り優勝トロフィーを掲げる。一方の錦織は、メスを入れた右ひじをギプスで固め、テニスに背を向けていた。1年前に活躍した大会の情報は、耳にも入れたくないころだった。
 
 だが、栄冠を掴んだデル・ポトロもまた、ケガと無縁ではいられなかった。全米後は右手首の痛みに苦しめられ、9ヵ月の戦線離脱を余儀なくされる。そこから徐々にベスト時のフォームを取り戻し、2012年にはトップ10に返り咲いた。

 この年、錦織とデル・ポトロは2度対戦し、いずれも勝利はデル・ポトロの手に。それでも接戦となったロンドン五輪での一戦が、当時「初めてかも」と言うほどのスランプに陥っていた錦織に復調の契機を与えた。