2017.12.30

じん帯断裂から復帰する西岡良仁。
全豪オープンへ「恐怖心はない」

  • 内田暁●取材・文 text by Uchida Akatsuki
  • photo by Getty Images

西岡良仁インタビュー@後編

世界14位のベルディヒを破ったときの西岡良仁 今年3月末、西岡良仁は前十字じん帯断裂の大ケガを負った。

 当時21歳。世界14位(当時)のトマーシュ・ベルディヒ(チェコ)をはじめ、多くのトップ選手を破る急成長の疾走のなかで遭遇した、本人いわく「完全な事故」であった。

「西岡良仁インタビュー@前編」はこちら>>>

 それから、9ヵ月――。手術とリハビリやトレーニングの日々を経て、復帰の日を数週間後に控えた若者は、今、何と戦い、いかなる想いを抱いて実戦のコートに立つ日へと向かっているのだろうか。胸のうちを語ってもらった。

―― まずは復帰戦のプランを教えてもらえますか?

西岡良仁(以下:西岡) オーストラリアのプレイフォード開催のチャレンジャー(ATPツアーの下部大会)に参加します。これが1月1日開幕で、その後はクーヨン開催のエキシビション大会に出てから、全豪オープンです。

―― 術後に通達された「心配なくテニスができるようになる日」が今ごろ(12月上旬)だったと思います。最近は試合形式で練習しているのですか?

西岡 そうですね。もうけっこう前から……11月の中旬ごろからフルでやっています。最初のうちは、どれくらいできるだろうと思ってたんですが、思った以上に恐怖心もなくて。むしろコーチたちから、『もう少し抑えて』と言われるくらい(笑)。筋力や爆発力の不足というのもないですね。たぶん動きだけなら、周りから見たらケガしていたというのは、ほとんどわからないと思います。