2017.10.07

同期4人が語る女子テニスの世界。
「夜もひとりなら…泣きそうになる」

  • 内田暁●取材・文 text by Uchida Akatsuki
  • 94年組の皆さん●写真

 現在、シングルスランキングのトップ100に4人、ダブルスのトップ50に5人の選手が名を連ねる日本女子テニス。その計8人(日比野菜緒は両方にランクイン)のうち、実に5人までもが1994年生まれの選手たちである。

 彼女たちは、日本女子テニス界ではジュニア時代から「94年組」と呼ばれ、将来を嘱望されてきた同期の桜だ。先の東レパンパシフィックオープンでも、日比野をのぞく4選手が単複の本戦に出場した。そのせっかくの機会にと、実現した今回の座談会。後編では、シングルスのみならずダブルスでも活躍する彼女たちのルーツに迫った。

「女子テニス94年組座談会・前編」はこちら>>>

【対談参加者】
穂積絵莉(ほづみ・えり)
1994年2月17日生まれ。神奈川県出身。2013年全日本選手権優勝。ダブルスでは2016年に加藤未唯と組みカトヴィツェ大会を制してツアー初優勝。2017年の全豪オープンでも加藤と組んでベスト4に入り、シングルスでは予選を突破して本戦出場を果たした。

尾崎里紗(おざき・りさ)
1994年4月10日生まれ。兵庫県出身。2016年にWTAツアー江西大会でベスト4となり、同年末にトップ100入り。今季はグランドスラムやツアーを主戦場とし、3月のマイアミ大会は予選から勝ち上がり4回戦進出。8月の全米オープンではグランドスラム初勝利をあげる。

二宮真琴(にのみや・まこと)
1994年5月28日生まれ。広島県出身。2011年のトヨタ75,000ドル大会を同期の澤柳璃子と組んだ「17歳ペア」で制するなど、早くからダブルスで頭角を現す。2016年に青山修子と組んでジャパンウィメンズオープン優勝。2017年はレナタ・ボラコバ(チェコ)と組んでウインブルドンベスト4。

加藤未唯(かとう・みゆ)
1994年11月21日生まれ。京都府出身。ダブルスでは2016年に穂積と組み、カトヴィツェ大会を制してツアー初優勝。2017年は同じく穂積と組んで全豪ベスト4入り、シングルスでも全仏本戦出場。ジャパンウィメンズオープンでは予選から勝ち上がって準優勝と飛躍の年を迎える。