2017.10.06

女子テニス「94年組」座談会。
人の話を聞かない困ったちゃんは誰?

  • 内田暁●取材・文 text by Uchida Akatsuki
  • photo by AFLO

早くからダブルスで頭角を現していた二宮真琴

加藤 そう。で、「ドッキリを仕掛けよう」って話になって。「望帆は人の話を聞かないから、ちょっと懲らしめよう」って(笑)。

穂積 そうそう。ホテルも寮のような場所でリビングルームがあったから、そこで話し合って。そのときのメンバーは、ここの4人と、菜緒(※3)、璃子もいたよね。

※3=日比野菜緒(ひびの・なお)。1994年11月28日生まれ。愛知県出身。2015年にタシュケントオープンを制し、ツアー本戦出場2大会目にして優勝の快挙を成し遂げる。その後も2016年タシュケントオープン準優勝、2017年にはマレーシアオープンと江西オープンで準優勝、ダブルスでもモントレイオープン優勝と活躍。シングルス最高56位の94年組出世頭。

加藤 で、作戦を練ったんですよ。私たちが話をしているときにひとりが怒ったふりして、「そんなに怒らんでもええやん」「いや、さっきから怒っているといえば絵莉だよ」みたいな流れにもっていこうって。

穂積 テーブルに私、真琴、望帆が座っていて、隣のソファーに里紗と未唯や菜緒たちがいて。で、私が無言で、めっちゃキレてる雰囲気を出す。そこに未唯と菜緒が「絵莉、なんでそんなに怒ってるの?」って聞いたら、私が望帆に向かってブワーッてキレて言いたいことを言って、最後はバーンと扉から出て行く……という作戦で。

加藤 私たちは「絵莉、あんなつまらんことで怒らんでもええやん」と望帆をフォローしつつ、絵莉が前もって用意していた『ドッキリ大成功!』って書いた紙を持って部屋に戻ってくる(笑)。