2016.05.29

全仏ベスト32の大坂なおみ。全英は200㎞サーブでエースを狙え

  • 神 仁司●文・写真 text & photo by Ko Hitoshi

 大坂なおみが18歳で経験したパリ・ローランギャロスでの出来事は、これから長く続く彼女のプロテニスプレーヤーとしてのキャリアと輝くような未来に、必ずいい影響をもたらすだろう――。

シード選手を破って、全仏ベスト32まで進出した大坂なおみ 大坂(WTAランキング101位、5月23日付け、以下同)は、1月のオーストラリアンオープン(全豪)で予選を勝ち上がって、グランドスラムデビューをすでに果たしているが、2016年ローランギャロス(全仏)では、本戦ストレートイン(予選免除で本戦から出場)をして初出場を成し遂げた。

「ローランギャロスでプレーするのは初めてですけど、できるだけリラックスして、楽しもうとしました」と大会前に語った大坂。1回戦で第32シードのエレナ・オスタペンコ(36位、ラトビア)を、6-4、7-5で破り、いきなり初勝利を手にした。続く2回戦では、34歳のベテランであるミルヤナ・ルチッチ バローニ(52位、クロアチア)に、6-3、6-3で勝利。日本女子で、全仏3回戦に進んだのは、2007年大会の杉山愛以来で、さらに、18歳での全仏3回戦進出は、1991年大会でベスト16に進出した沢松奈生子以来の快挙となった。

 大坂はフロリダ在住で、アメリカに多くあるグリーンクレーコートでプレーしたことはあったが、ヨーロッパにあるレッドクレーコートでのプレーは今回の全仏を含めて2回目。