2016.03.03

錦織圭が牽引。デビスカップで日本が世界一のイギリスに挑む

  • 神仁司●文・写真 text & photo by Ko Hitoshi

 男子テニス国別対抗戦デビスカップ・ワールドグループ(以下WG)1回戦「日本対イギリス」が、3月4~6日にイギリス・バーミンガムで開催される。
※出場国はグループ分けされており、上位16カ国を「ワールドグループ」とし、トーナメント戦で頂点を競う。試合は第1日目にシングルス2試合、第2日目にダブルス1試合、第3日目にシングルス2試合で行なわれ、3勝した方が勝利国となり、準々決勝に進出する。敗れると、世界各地のひとつ下のグループ「ゾーンI」の優勝国と入れ替え戦に回る。

デビスカップ日本チーム。左から内山靖崇、錦織圭、西岡良仁、ダニエル太郎

 日本(ITF国別ランキング14位、以下同)は、初戦でいきなり2015年の優勝国であるイギリス(1位)との対戦になり、世界の注目が集まっている。かつてイギリスはデビスカップ強豪国だった。1930年代には、フレッド・ペリーらの活躍によって9回の優勝を誇ったが、それ以降イギリス男子は低迷し、優勝から遠ざかっていた。しかし、昨年はアンディ・マリーの大活躍によって、79年ぶりとなる10回目の優勝を見事に飾り、王国復活を印象付けた。

 また、イギリスはデビスカップの第1回大会から参加している古い伝統を持つ。1900年にアメリカ・ボストンで、インターナショナル・ローンテニス・チャレンジとして、イギリスとアメリカの2カ国だけで第1回デビスカップが開催され、イギリスは0勝3敗で敗れ、準優勝に終わったのだった。