2016.01.21

全豪2回戦で炸裂! マイケル・チャンが鍛えた錦織圭の必殺サーブ

  • 神仁司●文・写真 text&photo by Ko Hitoshi

 錦織圭の勝利を決めたのは、センターをとらえた13本目のサービスエースだった――。

 オーストラリアンオープン(全豪)2回戦で、第7シードの錦織圭(ATPランキング7位、1月18日付け、以下同)は、オースティン・クライチェク(103位、アメリカ)を6-3、7-6(5)、6-3で破り、メルボルンで6年連続の3回戦進出を決めた。

試合後の記者会見でコーチとの関係を語った錦織圭

 2回戦が行なわれた日、午前中から雨が降り続いたため、試合は、マーガレット・コートアリーナの屋根を閉じたままインドアコートの状態で行なわれた。

 錦織は、朝起きた時に雨を見て、屋根を閉じて行なわれる試合を懸念したという。

 実は、2015年のATPメンフィス大会準々決勝で、クライチェクと対戦した時がインドアの速いコートだった。1セットを取られて苦戦した記憶が錦織の頭をよぎったのだろう。

 だが、「(全豪は)だいぶコートが遅いので、(相手に)早い展開に持ち込まれることはなかった」と語ったように、錦織のグラウンドストロークはボールがよく伸び、コースの選択も的確で、ほとんどのポイントを錦織が支配した。そして、各セットの序盤でクライチェクのサービスゲームを先にブレークしたことで、錦織が試合の主導権を握り続けた。